2019年02月27日

乃木坂明日夏の秘密(2)


著者:五十嵐雄策
出版社:電撃文庫
乃木坂明日夏の秘密(2)

春香シリーズよりも、さらにスピーディに主人公Loveになった明日夏。前巻は、出会いから一気に夏コミまでストーリーが進み、春香シリーズにあった、ゆったりとした時間がなくなっていたのですが、今回は時間が少し戻り、夏休みのまったり生活が描かれています。前巻登場しなかった、エロマウントポジションも登場していますし、さらにアリスなど前シリーズの登場人物が復活しています。前巻で妙な勘ぐり(実はタイムスリップなど、SF要素が加わっているのでは?など…)を吹き飛ばすように、未来も登場しています。年齢的にもおかしくない設定になっており、安心してラブコメに没頭できる体制になってきました。

今回は、お買い物デート、キャンプ合宿(プチ遭難つき)、明日夏のおうちにお泊まり(5泊)と順調というか、一足飛びに明日夏と主人公の仲が近づいていっています。すでに、何度かいい雰囲気になり、あと少しでというシーンがあるのですが、そのたび静琉さんが登場して、未遂に終わっています。でも、前作カップルより早く進みそうですね。主人公が、自分の気持ちに気づいていますからねえ。前作もそうでしたが、主人公の家族がまったく見えてこないのも特徴ですね。5日間も外泊して、なにも言われないのだろうか(男とはいえ)など、私の世代の感覚からすると、不思議に思えるシーンもあります。まあ明日夏のほうは、プリティ美夏ちゃんが、親代わりだから、なんとなく理解できるんですけどね。

今回、春香たちと思わしき影が、いろんなところに現れています。ぼちぼち本編に登場してきそうですね。楽しみではあります。主人公ペアは順調に絆を深めていますが、所々で美夏さんの「後悔」が見え隠れしているのは、少し辛いですね。姉に遠慮する形で「おにーさん」を諦めた美夏さん。もう20年近くが経とうとしているのに、まだ引きずっているんだなと。明るく振る舞っている姿があるだけに、いろいろ考えてしまいます。

この作品は、ストーリーを深く考えず楽しむ方がよさそうです。様式美としてのラブコメをなにも考えずに楽しみましょう。

★★★☆
posted by あにあむ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。


著者:かじいたかし
出版社:HJ文庫
魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。

かつて魔王を倒した勇者イザヤは、魔王から受け継いでしまった膨大な魔力を隠して、一人暮らしていました。ある日森の中で、錬金術師の少女・ヨーメリア(ヨメ)を助けます。ヨメは、イザヤが持つ膨大な魔力に気づき、同居をせがまれることになります。
ヨメは、錬金術師として一流であるものの、魔力が少ないため、どうしても精製できるものに限界があります。イザヤは、魔力を分け与えられるため、その能力に目をつけたことになります。魔力を渡し唯一の方法はスキンシップ。それも接触範囲が広ければより融通できるなど、イチャイチャな流れになる設定がしっかり出来ています。(この手の設定だと、粘膜が一番効率がいいというエロコメが多いんですけどね)
「じゃ、手握るぞ」「あ、もう、イザヤさんっていつも突然なんですから」照れ臭く、恥ずかしく、でも嬉しい日々が始まり――。

元勇者と魔力の少ない錬金術師のイチャラブコメディとなっています。ヨメは、魔力が少ないことを除けば、その能力はトップクラスの錬金術師。それだけに、魔力を渇望しており、目の前に現れたイザヤを逃がす手はなかったのですが…元々「仕事上のパートーナー」として同居しているはずですが、いつの間にか異性として惹かれていくのは、当然の帰結ですね。なので、朝起きたら必ず魔力補填をする=イチャイチャすることを、習慣化しようと画策するなど、魔力補填が目的なのか、イチャイチャするのが目的なのか、途中から分からなくなってきます。二人の甘々生活だけでも、ラブコメとして成立しているのですが、後半はヨメのライバルが登場し、そちらもイザヤに興味を持つということで、さらにラブコメが面白くなっています。ヨメのかいがいしさと、イザヤの唐変木のようで、実はしっかり相手を見ているという姿で、最強イチャラブ小説になっています。

久しぶりに、転げ回る激甘ラブコメに出会いました。それも、エロには転げず、イチャイチャだけでこのクオリティ。続編が楽しみですね。

★★★★
posted by あにあむ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | HJ文庫

2019年02月20日

女神の勇者を倒すゲスな方法(5) 「そして日常へ……」


著者:笹木さくま
出版社:ファミ通文庫
女神の勇者を倒すゲスな方法(5) 「そして日常へ……」

ついに女神Vs.ゲス参謀の闘いが決着します。
魔王の機転により、女神の襲撃から逃れ魔界にたどり着いた真一たちは、反撃の糸口を探します。しかし古い文献をあたっても女神の存在は見当たらず、代わりに判明したのは太古より存在する赤竜の眠る場所でした。しかしアリアンの父であるはずの赤竜は、娘を前にしても眠るばかり…ゲス参謀の策はどこまで通じるのか?

アリアンの父親である赤竜が登場します。非常に強大な力を持った存在のはずですが、真一の手にかかると、情けないおっさん扱い。アリアンを前にしても、目覚めないのではなく、たぬき寝入りをしていると看破します。理由は、アリアンが生まれるようなことをしているにも関わらず、父親としてなにもしていないから…そんな事情にまで気がついた真一がとったのは、アリアンの首筋の鱗を舐めること…イメージ的には、父親の前でSEXを始めたようなものだそうで、さすがの赤竜もたぬき寝入りを諦めます。なんというか、かわいそうな父親ですね。その赤竜から、女神に関する情報を聞き出した一行は、女神との最終決戦に挑みます。

というのが、ストーリーの流れですが、赤竜から得られる情報が多すぎ、ダレてしまいます。もう少しテンポがいいとまだ読めますが、あまりにも平坦に情報が提示されるので、飽きてしまいます。後半は、真一のゲス参謀爆裂しており、非常に面白い流れになっていたので(本音が出すぎているような気もしますが)残念です。

相変わらずリノの年齢がよくわかりません。まあ今回は、アリアンがメインヒロインの座を占めており、リノが割り込む隙間がなかったのですが…

今回で、本編としては終了のようです。あと1巻(すでに発売されています)後日談などが公開されるとのこと。メインヒロイン争いにも決着をつけるそうなので、楽しみな反面、読者の想像に任せて欲しかったなという気持ちもあります。読了後の感想は、どうなるでしょうね。
posted by あにあむ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫