2018年06月15日

魔法使いにはさせませんよ!(2)


著者:朝日乃ケイ
出版社:GA文庫
魔法使いにはさせませんよ!(2)

人類を脅かす侵略獣(ファイント)に対抗できる魔法少女と魔法使い。魔法使いは30歳まで童貞でないと覚醒できない…そんな悲しいお話。

主人公・鞘波黒刃は、魔法使いを目指す少年が通う学校の生徒。お察しの通り、学生はもとより、教師陣も純潔なんです。そんな学校でも、黒刃は別格扱いされる能力と、家柄。そんな彼の純潔を奪おうとする、新たな刺客が登場します。それは、清楚な黒髪魔法少女・三日月朱音。彼女は「私は貴方が嫌い。大嫌いだからこそ−−貴方の貞操を奪う」とわけの分からない論理を突きつけます。彼女は、黒刃を圧倒する剣術と、なしろを凌駕する胸を誇っており、なしろ曰く 「そんな……、巨乳で美乳とか……。おっぱい界のパワーバランスをめちゃくちゃに……」 第三勢力の登場でなしろ&千鶴のアプロートがエスカレートしていきます。黒刃は貞操を守れるのか? いや、世界は平和を守れるのか?

明るい刺客・なしろ、ヤンデレ幼なじみ・千鶴に挟まれて、ヘロヘロだった黒刃に新たな刺客が迫り、しかもその後ろには「異界」による陰謀が隠されていました。黒刃の貞操が大切なのか、平和が大切なのか…第三者的には、黒刃の貞操などどーでもいいんですが、彼が貞操を失う=魔法使い候補が一人減るということで、平和を守るという観点からすれば、大きな損失になるんですよね。だから学園も彼を全力でサポートしているわけです。新たな刺客朱音は、剣術で黒刃を上回るという強敵になっています。それだけでも大変なのに、背後には魔法少女のチームも見え隠れしています。って、この作品の中では、魔法少女の暗黒面がすごく目立ちますね。見た目は華やかだけれど、実はいろいろと問題の多い集団。それに比べると、魔法使いのほうが純粋なようです。

前巻では、侵略獣(ファイント)との戦いがメインでしたが、今回は侵略獣はあまり出てきません。それより、魔法少女集団のほうが、はるかに強敵に描かれています。さらに刺客たちの攻撃も、より直接的になってきており、ぼちぼち寸止め状況になってきています。あやうく刺客をオカズに自慰させられかけたり、離船がふっとぶ状況まで追い詰められたり。なんだか、もう好きにしたら状態になっています。刺客さん、美少女ですしね。

今回も、千鶴はヤンデレ一直線です。黒刃を好きというのは分かるのですが、なんだろう。あまりにも重いんですよね。実際に周りに千鶴のような異性がいたら、逃げたくなるでしょうね。

★★★☆
posted by あにあむ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫

2018年06月14日

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(3)


著者:花間燈
出版社:MF文庫
可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(3)

部室に、新品のぱんつといっしょにおかれていたラブレター。桐生慧輝は、ガラスの靴ならぬ白いぱんつを忘れていったシンデレラを探すことになります。でもシンデレラ候補は、ドS、ドM、そして腐女子とろくでもない女子ばかり。でもみな美少女で…リア充なのか、悲惨なのか分からない慧輝の青春。
今回は、夏だ!水着だ!変態だ〜!ということで、水着回。そうテコ入れ回となっています。いつも通り、変態な日々を送っている慧輝たち。ぱんつのシンデレラを探すためには、犯罪も厭わない! そんな感じになってきた慧輝。貧乳美少女の唯花の家に招かれ、彼女の部屋で行ったのは…引き出しの下着漁り。それを唯花にしっかり見られて(撮られて)人生終了…ではなく、唯花のドSが発揮され、慧輝は忠犬にしつけられてしまいます。そんな慧輝を見て、ショックを受ける紗雪先輩…ではなく、ドM属性を刺激され一人快感にあえぐ…もう何がなんだか…
腐女子は、新境地「ラブコメ」を描くため、慧輝とのデートをしたり、ってもうこれ慧輝にデレとるやないか。

そんな中、とあるきっかけで優待券を手に入れた慧輝は、みなを隣町のプールに誘います。目的は、みんなの水着姿が拝めるぜい! ともう一つ裏の目的がありました。というか、この時点で慧輝はシンデレラが誰がほぼ気がついていたようですね。

プールでも、いろんなことが起こり、もう美少女たちとイチャイチャしまくる慧輝。さらに、偶然開催されていたイベントで、ヒロインたちに告白される慧輝。もうこいつ爆発してもいいです。

今巻の最後でシンデレラの正体がわかります。それもかなりアレな方法で…っていうか、普通男子が、そんなところに着目するか? 女兄妹がいたら、そんなものなのかなあ。いや普通気づかないよな。実は、この物語の中で一番の変態は慧輝なんですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

2018年06月07日

女騎士これくしょん(2)


著者:三門鉄狼
出版社:講談社ラノベ文庫
女騎士これくしょん(2) 〜ガチャで出た女騎士と学校に行くことになった。〜

雷光の女騎士ココア、豪炎の女騎士アルテイア、清流の女騎士ライラ。ソーシャルゲーム「女騎士これくしょん」の人気キャラクターがなぜか実体化し、そして主人公と一緒の学校に通うことになります。ソシャゲのキャラクターが現実世界に現れるという状況にも関わらず、自然とクラスに馴染む彼女たち。異常事態だということを理解していないのか?それともなんらかの力が影響しているのか?さらに学校がダンジョン化してしまい、ココアたちと探索の末、現実に戻ってきたら、幼なじみの詩乃の様子がおかしい。詩乃に誘われ、彼女に家に行ったら、そこでもダンジョン化に遭遇し…どやら詩乃が関わっているようで。

ということで、女騎士これくしょんの第二巻(って、とんでもない名前だな)。ソシャゲキャラが現実化という非現実な世界。さらにゲーム内のモンスターまで現実化してくる。でも、それを「異常」と感じない登場人物たち。あたるは、彼女たちが現れる瞬間を見ているので、まだ理解できるのですが、見ていない友人たちが、あっさり彼女たちを受け入れているのも謎。まあ彼女たちも異常なくらいあっさり、現実世界に馴染んでいますけどね。

前巻でもメタ発言が多く、一瞬ライラと同一人物か? と想像した詩乃が今回のメインヒロインです。物語一番の謎なはずですが、尺の関係か、その後のストーリーを重視されたからか、あっさりとその出自が明らかにされています。というか、2巻を読めば、冒頭で(キャラ名はともかく)はっきりわかりますけどね。ストーリーは王道です。なので、そちらを楽しむというより、あたるとヒロインたちの、イチャラブを楽しむというのが、一番です。存分にきゃっきゃうふふに突っ込みをいれましょう。

詩乃のキャラクターは、前巻同様いまいちわからないです。あたる一途というのは、変わっておらず、今巻では一緒にお風呂入っています。しかもあたるの股間に注目し「オチxチx」と触ろうとします。ついでに自分の大事なところを触ってもいいよと誘惑したり…羞恥心はどこ行った?という状況です。後半に出てくる幼少時代の回想シーンでも、同じことをしており「なんか変なのがついている」…そのときは、あたるに羞恥心がなく「おまえ、ちxちxついてないのか!」「なんか変な形」と詩乃の股間を触ろうとしています。が、詩乃は裸を見られたことが恥ずかしかったようで、記憶操作までしています。でも、今は平気と…なんかキャラが一定していませんね。

今巻で終了しています。ちょうどよかったのかもしれません。

★★★☆
posted by あにあむ at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫