2017年06月12日

世界最強の人見知りと魔物が消えそうな黄昏迷宮(1)


著者:葉村哲
出版社:MF文庫
世界最強の人見知りと魔物が消えそうな黄昏迷宮(1) 冒険者世界も不景気です

舞台は「ローゼンガルド帝国」。そこは、迷宮の魔物を狩り、資源を得る(鉄などの素材も魔物が持っている)ことで発展してきた冒険者の国。ところが。安価で手軽な蘇生魔法野開発、Lvに応じた適切な狩り場何愛。効率的な迷宮攻略によって冒険者が激増し、魔物が激減した「黄昏迷宮」。このままほっておおくと、経済的破綻は避けられない。そんな国の存亡の危機に、「人工迷宮」計画を遂行するため、新米騎士と3人の人間的にはダメすぎる天才が集められます。「ほんっとうに、このPT、なんで、こんなひとばっかりなんですかあああああ!」新米騎士・ティルムは、果たしてPTをまとめて国の危機を救うことができるのか!

それぞれ能力はあるものの、なにかが決定的に欠けている4人が集まり、人工迷宮を造るための「魔物」を生け捕りにすることになります。ティルムは、騎士になりたてで、普通ならこんな大切な業務にかり出されないはず。しかし冒険者ギルド・商人組合・神殿連盟は、万が一失敗した時に失ってもさほど問題でなく、でも帝国に対して「しっかり人材を提供した」という認識を持たせるため、能力は高いものの、人間的に問題ありまくりの人選をするだろうから、それをまとめられる人ということで、ティルムに白羽の矢が立ちました。そういった意味では、一番「まとも」な理由ですね。ティルムに唯一足りていないのは「経験」ということになります。冒険者ギルドが選出したのは、Lv7の戦士。この世界でLv7は数えるほどしかいない、別次元の強さを誇る存在。しかし彼は、極度の人見知りのため、会話が成り立たない…商人ギルドからは、Lv6の商人。神殿組合からはLv4の神官。もちろん一癖も二癖もある人材です。

漁をする人が多くなりすぎて、資源が枯れてしまう。天然モノだけではやっていけないから、養殖物を導入しようという、現実世界でよくあるパターンを、うまくファンタジー世界に当てはめましたね。極度の人見知りを入れることで、ラブコメもうまく回っています。魔物側の事情もうまく取り入れており、楽しい作品になっています。

★★★☆
posted by あにあむ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(3)


著者:恵比須清司
出版社:ファンタジア文庫
俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(3)

「もし私達が負けたら永遠野誓はラノベ作家を引退します!」同人誌即売会の会場で、有名同人作家の神坂姉妹から自分の書いた小説を「キモい」と否定された涼花はブチ切れて、同人誌対決をすることに。『お兄ちゃんと文化祭でイチャイチャデート』が涼花が出してきたシナリオ。涼花の母校の文化祭で、恋人デートをして、その体験をもとに同人誌を書こうというもの… 生徒会長している有名人じゃなかったっけ? 大丈夫なのか?

ということで、今回の「イチャイチャ」の大義名分は「同人誌作成」…いいのか? 原作者と公式絵師が二次創作って、版元が許すのか? まあいろいろと無理のある小説なので、いまさらそんなところで悩んでいたらダメなんでしょうが、それにしてもねえ。

涼花の母校でのイチャラブデート。普通の妹ならば、たぶん実兄が文化祭に来るというだけで、嫌がりそうですが、そこは「ツンを忘れた」涼花さん。もう見せつけたくて仕方がないようです。母校もお嬢様学校なので、殿方がいるというだけで、盛り上がるようです。祐が実兄だということを知っていながら、涼花のことをうらやましがるクラスメートたち。そんな騒動を見ていると、実は祐ってかなりイケメンなのでは? と思うようになってきました。そりゃ、涼花が美少女だし、兄妹なんだから、平均よりは上になるだろう。さらに舞や、前回出てきた人気声優(美女)もべったりということを考えると、イケメンでもおかしくないんですよね。なんだかどんどん祐ハーレムが大きくなっているような、気がします。この手の作品としては、珍しく兄妹以外は秘密を知らない状況が続いています。そういう意味では、このハーレムで一歩リードしているのは涼花なのかもしれませんね。

★★☆
posted by あにあむ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫

2017年06月01日

自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム(2)


著者:新木伸
出版社:ダッシュエックス文庫
自重しない元勇者の強くて楽しいニューゲーム(2)

2周目勇者として、デタラメな強さを持つ主人公。前回は「人助け」ばかりしていたから、今回は好き勝手に生きることを決意。まずはお姫様(本人自覚なし)な少女と蜘蛛モンスターとのハーフ少女をゲット。前世でも世話になったメイド美女モーリン共々日夜お楽しみ。3人は「俺の女」として確保。厳しく(モーリンは別格なので除外)二人を育てるが、しっかり守る主人公。さらには、セフレもいるようで…前世では女の子に縁がなかったはずなのに、かなりのタラシとなっています。

今回は、山賊に襲われたら実地教材として、娘達の皆殺し練習。食べ放題のお店(経営者は?)では、ドラゴンの丸焼きまで食べ尽くす食欲無双を実現。さらに、水浴びに行った夜のオアシスで美女とであり、なぜかいきなり慕われて、そのまま木陰で(自粛)さらには、モンスターにとらわれていた女冒険者一行を助けて、惚れられ3人ともおいしくいただき「俺の女」に。まあ好き勝手している主人公ですが、あまりに欲望に忠実なため、逆に気持ちいいですね。18禁な本ではないので、自重しないシーンは、ほぼ自粛されております。そのため少々話がぶつ切れになるという欠点もあります。まあどちらにしても、初出が「なろう」ですから、ぶつ切れ小説であることは間違いないのですが…

今回最後のエピソードは、前回勇者時代の思い出が出てきます。前世から50年ほどしか経っていないので、彼のことを知っている人が、まだ生きているんですよね。そのため、いろいろな想いが交錯して…基本主人公が「いい人」なので、いいお話になっているんですけどね。

この作品で主人公は何人の女性とヤッたのでしょうか? ああ、感想で書くことがない…基本「主人公が無双」する気持ちのいい作品ですが、内容は薄いですっからねえ。                                         
★★★
posted by あにあむ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫