2017年02月01日

グリモア〜私立グリモワール魔法学園〜


著者:くしまちみなと
出版社:電撃ゲーム文庫
グリモア〜私立グリモワール魔法学園〜

ソシャゲーのノベライズだったんですね。まったく気がつかずに購入していました。そーいやレーベルも電撃文庫じゃなく電撃ゲーム文庫ですね。なので以下はノベライズではなく、小説としての感想になります。

約300年前に突如として現れ、人類を無差別に駆除し始めた謎の怪物「霧の魔物」 この魔物への最も有効な対抗手段は、覚醒した人間のみが使用できる「魔法」の力という世界が舞台になっています。
主人公は、笠置佑也。子供の頃に、霧の魔物に襲われた時、魔法使いが自らの生命と引き替えに救ってくれたという経験を持ちます。それ以来、佑也は「覚醒して、少しでも多くの生命を守りたい」と強く願うようになっていました。ある日覚醒した佑也は、魔法を学ぶために「私立グリモワール魔法学園」に入学することになります。そこは男女比が2:8の美少女だらけの学園で、佑也はいろんな意味で注目を浴びることになります。彼は、思い描いた魔法使いになることができるのか?

日常描写がほとんどないまま、覚醒したので、てっきり両親は霧の魔物に殺されているという過去があるのだと思ったのですが、そうでもないみたいですね。両親の想いはどのようなものだったんでしょう。いや同級生からは別れの挨拶もまったくないという「魔法使い」という異質なものへの畏怖が描かれていたもので…

学園に入学する際、駅前から学園までのバスでいきなり魔物に襲われています。その際、偶然乗り合わせていた魔法少女・智花によって魔物を倒すことに成功するのですが、智花の能力であれば、本来そのような強力な魔物を倒すことはできなかった。なぜなのか? まあ読者には丸わかりなんですけどね。

学園の生徒たちは、魔物と闘うことが宿命づけられています。つまりいつ生命を落としておかしくないということ。そのため生徒たちは、青春を謳歌しようとしています。ただでさえ男子の少ない学園。そこに「天才」と思われる少年が転校してきたら…当然のように少女たちは、彼を狙うことになり…最初はハーレムを作れると、鼻の下を伸ばしていた佑也ですが、自分に魔力が無尽蔵という以外の能力がないことにうちのめされていきます。それを智花に救われ…佑也の成長と、少女たちとのラブコメがうまく融合して楽しい作品になっています。

★★★☆
posted by あにあむ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2016年07月22日

ぼくたちのなつやすみ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
著者:五十嵐雄策
出版社:メディアワークス文庫
ぼくたちのなつやすみ 過去と未来と、約束の秘密基地

ライトノベルレーベルではありません。でも五十嵐雄策さんの作品だなあとわかる小説です。
大人になった主人公が、謎のタイムリープに巻き込まれ、小三の「僕」に。ラノベだと、ラブコメやり直しとかになるのでしょうが、この作品は違います。仲のいい友人たちと、性別や年齢も超えて遊んでいたあの夏休み。そんな仲間が離ればなれになってしまう要因となったある「事件」 それを大人の頭脳で阻止しようと頑張る姿が描かれます。

仲間たちと野山を駆けまわって、泥だらけになりながら遊んだ夏休み。ゲームはなくインターネットもない世界。それでも時間がいくらあっても足りないくらい遊んでいたあの頃。忘れ去っていた何かを思い出させてくれるような物語になっています。

ストーリーは、あの事件=秘密基地が消失してしまった=を防ぐために、様々な思惑を乗せて、進んでいきます。大人のままタイムリープしていれば、もしかしたら簡単に防ぐことができた事件ですが、子供の身体になり、思うように対応できないもどかしさ。そのようなものが描かれていきます。

前半は「謎」や「超常現象」にスポットを当てていくのかな? という構成になっていますが、途中からはノスタルジックな日常が描かれるようになっていきます。なので、どこか心が切なくなる想いがわき上がる作品でした。

★★★☆
タグ:★★★☆
posted by あにあむ at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2016年02月05日

お世話になっております。陰陽課です


著者:峰守ひろかず
出版社:メディアワークス文庫
お世話になっております。陰陽課です

いたちさんな作品の作者、峰守さんの作品です。いわゆるラノベレーベル以外での出版だったので、まったくノーマークでした(最近、実店舗でゆっくり本探す時間がないので、こういうことが起こるんだ)少々イラストのテイストが趣味にあわなかったのですが…

舞台は京都市内。主人公は、京都市役所に勤務することになった火乃宮祈理。入庁式を終えて配属されたのは、通称・陰陽課。京都の町で人間に紛れて暮らす妖怪の生活を守る部署だという…祈理の教育係についたのは、白銀の髪に赤いシャツでガラの悪い、公認陰陽師・五行主任。祈理は、規則がすべて!のお堅い(曲がっていますが)女子。一方五行は、不良陰陽。まるで影と光のような二人が過ごす公務員生活が描かれます。

峰守さんの作品ということで、妖怪たちが普通に人間と一緒に暮らしています。さらに、根っからの悪霊というのが登場しないというのも、今までの作品と一緒。理屈っぽい登場人物(主役)ってのも一緒かな。祈理は、規程類を丸暗記して、それに反する行為を極端に嫌います。ところが、陰陽課は組織図にも表だって存在していない部署。グレーな存在で、グレーな行為を行うところ。そりゃうまくいかなくなりますよね。

物語は、そんな堅物が、異人さん(妖怪)たちと触れあうことで、少しずつ柔らかく、人間性を身につけていくというお話になっています。前半はどちらかというと、祈理のほうがいわゆる「妖怪」に近い存在だったような……

京都市内が舞台ということで、実在の地名が出てきます。お店も「あのあたりかな?」というものが多かったりします。峰守さんが滋賀県出身ということもあり、極端にズレた地理にはなっていません(よくあるんだ。とんでもない距離を一瞬で移動したり、無茶苦茶無駄な動きをしていることが) でも、その細かさが故、少々違和感を感じるのも事実。やはり実在都市を舞台にするといろいろ難しいですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年12月03日

華のアラシ!


著者:太田顕喜
出版社:KCG文庫
華のアラシ!

屈強な体格と戦闘力で、不良たちから「暴れん坊」と恐れられていた男子高校生が、ある日目覚めたら、西洋人形のような幼女になっていた...というTSをテーマとした作品。 一部マニアな人たちからは、TSというだけで評価が高いようです。

冒頭でいきなり女体化してしまうため、主人公の葛藤がわかりにくくなっているのが、残念。またイラストがなければ気にならなかったのかもしれませんが、どうみても主人公が「西洋人形のような可憐な姿」に見えない。そのため、同級生からわやくちゃにされるというシーンに違和感が残ります。

非常におバカな設定の小説なので「なぜ女体化したのか?」という理由も、非常におバカなものとなっており、深く考えずにノリで読んでしまうほうがいいようです。もう少し、練られたストーリーになっていたら、楽しめたのかも。

タグ:
posted by あにあむ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年10月12日

妹トラップ!外道な兄と使われ妖怪


著者:友野詳
出版社:KCG文庫
妹トラップ!外道な兄と使われ妖怪

久しぶりに読む、友野詳さんの作品...だったんですが、地雷作品でした。ソーシャルゲームの「秘録 妖怪大戦争」と連動した作品ということで、バックボーン説明がすっ飛んでいるというのも、読みにくい原因なんでしょうが、いろいろずれていて...友野さんの妖怪モノといえば「百鬼夜行」時代の楽しい作品があったので、そのノリを期待していたのですが、どうもそうじゃありませんでした。

主人公のイオリは、妹アカネを溺愛するシスコン。そのアカネは妖怪に取り憑かれており、その妖怪とともに、美少女に憑依した妖怪を退治していくというストーリー。妹に憑依している妖怪は、男であるため、女性の恥じらいを知らな。そのため、ぱんつを見せることに対する警戒心が低く、イオリは四六時中「パンツを衆目にさらすな!」と怒る。という繰り返し。

妖怪・美少女という設定と、イオリたちの言葉遣いや行動がマッチしていないため、違和感があるのだと思います。
やはり原作ものは危険ですね。

タグ:異能 地雷
posted by あにあむ at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年07月18日

南極点のピアピア動画


著者:野尻抱介
出版社:ハヤカワ文庫
南極点のピアピア動画

ライトノベルではないので、ここに載せるのが適当かどうか悩みましたが、微妙な位置づけの本なので、取り上げてみました。

タイトルからわかるように、ニコニコ動画をテーマとした小説です。なので、ニコ動に興味がない人(私含む)にとっては、スルーしておくのが正解な作品でした。野尻さんの作品は、骨太SFの中にもライトさがあるので好きだったのですが、これはダメでしたね。
短編集の形をとっていて、それぞれの短編が時間軸を通して、つながっているという構成になっています。その一本目は、「未来の可能性」などが詰まっており、SFとして楽しめました。そこに初音ミクや2chという要素が絡んでいるというところも、ギリギリ許容範囲。ところが、そこから先は、もうニコ動がどうした、ばかりで楽屋オチもいいところ。もうニコ動万歳! ニコ動があればなんでも出来る! と一種宗教のようで、怖くなってきました。こういうことするから、一般人との間の溝が大きくなっていくんだろうな。ここから、宇宙・未来への希望を見いだせるのは、ニコ動マニアだけでは?

「できのいい」内輪受け作品といった感じを受けました。これは二度読みすることはないですね。

posted by あにあむ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年07月09日

ドS魔女の×××


著者:藍上ゆう
出版社:このライトノベルがすごい!文庫
ドS魔女の×××

第2回このライトノベルがすごい!大賞<優秀賞>受賞作品だそうです。が、読んだ感想は「これで優秀賞?」というもの。

主人公は、本当の魔女になりたいと思っている、魔界に住む人間の少女灰咲クレア。ある日、同居人であるサキュバスから「どんな願いでも叶えられる魔法」の存在を知らされます。その方法とは「処女千人を発情させること」という、とんでもない方法。その条件を満たしたお嬢様学校「空百合学園」に潜入するのだけれど...というエロなお話。

空百合学園を選んだのは、女子校で千人(ぴったり)学生がいること。お嬢様学校であるため、異性との接触がなく、全員が「処女」ということ。まあ、いろいろツッコミどころのある設定ですね。

いきなり体育館に集まった全校生徒を魔法で発情させるクレア。発情(というか、実際には絶頂したら、のようですが)した少女は、エロゾンビとして、クレアに従うことになります。いきなり、千人近くの嬌声が響き渡る体育館。シュールですねえ。でも、魔法は発動せず...そこにいる4人が発情しない(っていうか、発情はしているだろ。そんな異常な環境にいたら)ため。なんとかその4人を発情(絶頂)させようとするクレアですが、いろんな騒動が発生して...

クレアの一人称で話は進みます。が、設定の異常さはともかくとして、いろいろ崩壊している部分があります。いろいろ中途半端になっているので、いっそもっとエロに特化して、ジュブナイルポルノとして出版したほうがよかったのでは? 企画倒れかな。

タグ: エロコメ
posted by あにあむ at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年03月30日

試験に出る竜(ドラゴン)退治


著者:日昌晶
出版社:スマッシュ文庫
試験に出る竜(ドラゴン)退治

ドラゴンスレイヤーに憧れて「聖ゲオルギオス学園」に入学した少年エリックが主人公。ところが、竜退治科は衰退しており、同級生はエリック以外に3人の女の子(メグ、ヨウ、エリザベス)のみ。学園の主流である魔法科からバカにされる毎日。ある日、同級生のスク鎧を盗んだ容疑をかけられ...という設定の、ファンタジーに「萌え」を入れようとして大失敗している作品。

文庫帯にも「挿絵が多い」と記載されている通り、異常なくらい挿絵の多い作品でした。ま、そちらはいいのですが、ラブコメにファンタジーを乗せてしまったため、両方が中途半端になってしまっています。エピソード自体、ファンタジーにする必要性がまったく感じられず(スク鎧って...)普通の小説で十分。

ラブコメ(萌え)だけでは弱いので、人気ありそうな「ファンタジー要素」加えたら1+1で2になるだろうという安易なノリで書かれたんでしょうね。キャラは比較的動いているので、ファンタジー要素を入れなければ、十分楽しめたでしょうね。

タグ:ラブコメ
posted by あにあむ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年06月04日

休止中

ラノベを読んではいるのですが、感想を書く時間がなく休止状態になっております。
もう少ししたら復活したいなあ
posted by あにあむ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月17日

ゴほうし!


著者:あだ村むらだ
出版社:メガミ文庫
ゴほうし!

はっきりいって駄作です。登場するのは、幼女の形をしたきのこたち。んで、胞子を「白濁液」と表現。だからどうしたという設定ですね。表紙は爽やかですが、内容はぐでぐでのドロドロとなっています。

なぜ駄作か? 文章レベルが低すぎる。状況がわからなくなるような、擬音が多すぎる。設定にアラがありすぎる。結局、なにがいいたいのかわからん。というところでしょうか? 特に1話目は、あまりにも酷いものです。2話あたりから、少しだけマシになったような気もしますが、最後はまたグデグデ。

(星は0ということで)
posted by あにあむ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年03月27日

源平鬼御魂 剣姫照魔伝 デモンパラサイト異聞


著者:友野詳/力造/グループSNE
出版社:新紀元社 Role&Roll Books
監修:北沢慶
源平鬼御魂 剣姫照魔伝 デモンパラサイト異聞

デモンパラサイトの独立型サプリメントである「鬼御霊」を使用したリプレイとサプリメントから構成されています。リプレイ部が約半分でしょうか? このサプリメント、どことなく「ダブルクロスジパング」と方向性が似ているような気もします。どちらも「武将は異能者だった」というトンデモ設定ですし...
リプレイ部のプレイヤーは、モンスターメーカーの鈴木銀一朗さん、N◎VAの鈴吹太郎さん、フォーチュンクエストの深沢美潮さん、でGMとして友野詳さん、ここに若手が絡むというという豪華メンバー。みなさんソツがないロールプレイをされています。
舞台は、源平合戦の時代。壇ノ浦の合戦がスタートシーンとなっています。そこから黄泉の国、京都、鞍馬、熊野、奧州へと舞台は広がっていきます。それをたった一日で連続プレイするというすごさ。その手のトンデモ設定をつぎ込み、プレイヤー自らがストーリーを作っていく。さすがベテランそろいのセッションということで、完成度が高いです。
しかし、深沢美潮さんのロールプレイには萌えます。高貴な家系に生まれた宿命を幼子が受け入れていく姿を、見事にロールプレイされています。鈴木銀一朗さんも重厚なロールプレイで時代の雰囲気を醸し出しています。それにGM友野さんの蘊蓄がはさまり、リプレイの完成度が高まっています。
あ、そうそうちゃんとでもんぱの「ご飯を食べて回復」という特徴も出ています。
欠点は新書版で価格が高いこと。TRPGを実際に遊ばない私にとっては、後半サプリメントが不要なためです。1200円(税別)はちと高いです。

★★★☆
posted by あにあむ at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年12月03日

近日オープン

このブログでは、あにあむが乱読したいわゆる「ライトノベル」の感想を主に、その周辺情報を発信していきます。
私は、学生時代にスニーカー文庫が発売されたという世代に属しております。そうかなりのおっさんです。そういった年齢に達してもなお楽しませてくれるライトノベルは数多くあります。そういった小説や、RPGリプレイなどを紹介していこうと考えております。
その途中におっさんらしく「昔話」を挟んでいきます。

ということで、近日オープン!
posted by あにあむ at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他