2014年04月28日

戦女神の異界決戦


著者:糸緒思惟
出版社:一迅社文庫
戦女神の異界決戦

最近よく見る「ヴァルキリー」ものです。主人公が突然異世界・アースガルズに迷い込んだことで物語がスタートしています。いつも思うんだけど、異世界に召喚された主人公って、あっさりその境遇を受け入れるんですよね。普通、元いた世界に帰れそうにない(方法がわからない)ということになれば、かなり慌てることになると思うんだけど...

今回の主人公も「数十年に一度現れるというオーディン」という立場をあっさり受入、ヒロインズが通うヴァルハラ学園での生活を満喫しています。召喚直後に、異界からの侵略者であるムスッペルに襲われたということも影響しているのでしょうが、元いた世界のことは、ほとんど語られません。戸惑いはあるようですが、ヴァルキリーであるミカナたちとの日常に入っていきます。学園に男子生徒は一人ということで、当然のことにハーレム展開になっており、ヴァルキリーの能力を高めるのは「オーディンの愛」という展開へ。メインヒロイン・ミカナを中心に、10人のヴァルキリーに「等しく」愛を注がなければならいないという設定になっています。ので、ラブコメ展開が楽しめそうです。

ところでこの作者さんは、別レーベルで、かなり変態な小説を上梓されています。元々同人エロソフトをノベライズ(一般レーベル)した作品では、小学生が裸マントで出てくるなどやりたい放題。あげくは3人の少女が並んで野外放尿...というとんでもないもの。同じ作者なので、若干の不安があったのですが、こちらのレーベルでは、比較的おとなしめになっており(お約束的に放尿シーンはあるんですが)、ストーリーを楽しむ作品になっているようです。

この作者に求めるものはこれではない! という意見もあるようですが、ラブコメ(少々エロ)として、充分に楽しめる作品ではないでしょうか?

★★★
posted by あにあむ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 一迅社文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/94517790

この記事へのトラックバック