2014年04月09日

ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たちリターンズ(2)


著者:秋田みやび/グループSNE
出版社:富士見ファンタジア文庫
ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たちリターンズ(2)

ぞんざいずのアンコールリプレイ第二弾。前回から少し時間が空いております。GMの腕なのか、それともPCたちのプレイスタイルがいいのか、最近のSNEリプレイとしては珍しく(失礼ですが)楽しめる作品になっています。古きよき時代のSNEテイストが残っているとでも言えばいいんでしょうか?

2話構成となっていますが、2話目は未完で「次回に続く」という形になっています。あまり文庫にすることを想定せずに進んだセッションなのかな?
1話目は皇帝暗殺未遂事件の事後処理シナリオとなっています。すでに英雄レベルになってきたパーティですから、このような大事に対応するのも違和感がありません。当然、敵のレベルも高くなっているのですが、ぞんざいずはGMの予想を裏切る形で事件を解決します。お互いチートなことをしたわけでもなく、それぞれのキャラに沿ってプレイした結果なので、これはこれで「アリ」な結末と言えます。

もっともGM的には、あまりも悔しかったということで、2話目に続くのですが、こちらは打って変わって騎士学校の修学旅行が舞台。騎士学校の学生という身分ながら、すでに英雄レベルのパーティであるため、修学旅行で準備されたトラップなど朝飯前なはず...でもそれにひっかかるのが、彼らのいいところです。

プレイヤーとGMの掛け合いが楽しいシリーズです。

★★★
posted by あにあむ at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92790055

この記事へのトラックバック