2014年01月31日

剣帝の女難創世記(2)


著者:稲葉洋樹
出版社:富士見ファンタジア文庫
剣帝の女難創世記(2)

異世界召喚型のハーレムラブコメ。不必要に貞操観念の強い中山戒が主人公。英雄と契ることで、強くなるという伝承がある異世界に「英雄」として召喚されたため、女の子たちにえっちを迫られることになり、そのうち落ちこぼれ班である24班のメンバーとして、学園2位の班に勝ち、ますます狙われるようになった戒。今回はトーナメント戦のために、強化合宿を行うことになって...

本来は、能力の強化がメインのはずなんですが、なぜか班のメンバーからは「い、いっらしゃいませ、ご主人様・・・にゃん」と迫らることに。しかも今まで男嫌いで、一歩引いていたはずのミラからも「わたくしを、抱いてくださらない・・・?」と、はだかで迫られることに...合宿の練習相手である1班のリーダーからも迫られる戒。彼の貞操は守られるのか?

今回のメインヒロインはミラ。実家から、学校を退学して結婚するように言われて、悩んでいるところ。なぜ彼女が、この学園に固執するのか? についても明かされています。前巻「薄っぺらい」と感想を書きましたが、今回はミラのエピソードを軸に、ヒロインがようやく動き出してくれたという感じですね。まだ戒の行動の基になるものが明確にされていないので、絵空事感が拭いきれていませんが、ヒロインズに血が通うようになってきたので、おもしろくはなってきました。少しずつ面白くなるタイプの小説なのかも知れません。

★★☆
posted by あにあむ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86447119

この記事へのトラックバック