2013年10月09日

剣帝の女難創世記


著者:稲葉洋樹
出版社:富士見ファンタジア文庫
剣帝の女難創世記

主人公・中山戒が目覚めると、そこは異世界の女風呂の中だった...しかも入浴中の女の子がいる...彼女たちは戒を「異世界から召喚された英雄」と認識したとたん、恥ずかしがりつつもエッチなことをねだってきて...

異世界召喚型のハーレムラブコメですね。お約束として、戒は貞操観念が強く、置かれた状況を快く思っていません。そこですれ違いが発生するというパターンです。

召喚された場所は、ニブルヘイム王国王立士官学校。魔力を持つものが、班単位に分かれ、対抗戦を行い実力を高めていくという学校。戒が飛び込んだ女風呂にいたのは、次に負けると退学になってしまうという、全員落ちこぼれの班。「英雄とエッチをすると、最初の人だけ魔力が大きく強化される」と聞かされており、戒にあの手この手で迫ることになります。

それだけだと違う分野の小説になるので、対抗戦を軸とした学園生活も描かれるのですが、どうも薄っぺらいんですよね。ヒロインズに魅力がないからか、戒が現実を受け止めるまでの葛藤が描かれていないからか、すべてが絵空事・他人事のように進んでいます。異世界から召喚された英雄が主人公という小説は多々ありますし、「お世継ぎ」が目的で召喚されるという小説もあります。つまり「ありがち」な設定が重なってしまっているんですね。そうなると、キャラの個性で魅力を生み出す必要があるんでしょうが、それができていない。戒の異世界でのモチベーションが不明確なので、感情移入できないんですね。次巻以降、もう少しそのあたりが明確になれば、おもしろくなるかも。

★☆
posted by あにあむ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77778368

この記事へのトラックバック