2013年09月19日

桃音しおんのラノベ日記


著者:あさのハジメ
出版社:講談社ラノベ文庫
桃音しおんのラノベ日記

高校生ながらラノベ作家としてデビューしたものの、三巻打ち切りとなり、次回作も出せずくすぶっている椎名歩が主人公。次回作プロットが企画会議を通らず、苦労していたある日、担当編集さんから呼び出しを受けます。この編集さんは見た目小学生な女性で、突然「おにいちゃん」と妹キャラで迫る難しい人。
で、編集さん曰く
「突然だが、きみは小学生に興味があるか?」

デビューシリーズが100万部を突破したラノベ作家・桃音しおんの執筆活動を手伝わされることになります。しおんは、年齢も性別も明かされていない覆面作家。そんな人を助けるのと、上の台詞はどうつながるのか?

担当さんに連れられていったホテルの一室には、お人形のように可憐な小学生の少女が一心不乱に執筆活動をしていた...全裸で... えーと...

過去にも何度かあった、ラノベ業界を舞台にした作品になっています。作品を紡ぎ出すことの難しさなども描かれますが、それよりも高校生と小学生の青春ラブコメが中心となっているので、読みやすい作品になっています。いや、小学生がいいのではなく(汗)、ラノベでラノベの出版について書かれても、面白くないでしょ。

しおんと歩がお互いに刺激を受け、強い仲間意識を持つようになっていく課程が軽いタッチで描かれます。もちろんサービスシーンも多々ありになっているのは、お約束。幼なじみポジションの少女が、当て馬になっているのも、お約束。

圧倒的な才能を前にした時に、普通の人が抱く負の感情。そういった面もうまく見せてくれるので、単なるロリコメになっていないんでしょうね。シリーズとして、まだ続くようですし、次回はさらに小学生ヒロインが投入され、夏休みが舞台らしい。そっちに行き過ぎないようにね。

少し気になった点、ヒロインしおんが、どこかで見たことある少女だということ。具体的にいうと『ゆうれいなんか見えない!』の依ちゃんを彷彿とさせます。あっちのほうが、年下なんですが、なんとなく雰囲気が似ているんですよね。これから先、オリジナリティあるキャラに育ってくれることを祈って。

★★★☆
posted by あにあむ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76069565

この記事へのトラックバック