2013年09月05日

H+P(1)


著者:風見周
出版社:富士見ファンタジア文庫
H+P(1) ひめぱら

エロコメです。それ以上でもそれ以下でもありません。頭をからっぽにして読むべき本です。ストーリーがどうしたこうしたを考えてはいけません。感じましょう。

主人公は高校生・神来恭太郎。突然、異世界・トレクワーズ王国に召喚されてしまいます。そこは、魔法の力で諸外国の脅威から守られていたのですが、女王が病に倒れてしまい、未曾有の危機を迎えています。この危機を乗り切るためには、5人の娘のいずれかが、女王の位を継ぎ、強い魔力を持つ「お世継ぎ」を持つことが必要。そのため恭太郎が召喚されたということ(まあ要するに種馬ですな) お姫様たちは長女・ツンデレ、次女・おっとりだけどエロ、三女・タカピー、四女・ドジッ娘+自虐、末っ子・積極派幼女と様々な種類が取りそろえられ、みんな美少女と据え膳状態なんですが、恭太郎はカタブツ。そのためなかなか進まないため、いろいろな手法で...

ヒロインにいろんなタイプをそろえ、全方面対応という形になっていますが、それ故特徴がなくなっているもの事実。すでに完結しているシリーズでもあるし、続きどうしようかなあ?

★★
posted by あにあむ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74136169

この記事へのトラックバック