2013年06月24日

セブン=フォートレス リプレイ シェローティアの空砦(5)The End of Time


著者:菊池たけし/F.E.A.R.
出版社:ファミ通文庫
セブン=フォートレス リプレイ シェローティアの空砦(5)The End of Time

タイトル通り、22年に渡って続いてきた「砦」シリーズ最終刊です。「アルセイルの氷砦」から続く、ある意味きくたけさんのライフワークのようなシリーズ。あまりの長さ故、何度もベースとなるルールが改変され、時期によってまったく別のRPGリプレイの様相を呈しているところもあります。それよりも、長すぎるため、正直ストーリーを覚えていない。当初病弱な美少女として登場したサシャが、どんどん人外の存在になっていったのは鮮烈な記憶ですが、特定キャラ以外はパーティキャラですら忘れ去ってしまっているという...「みこシリーズ」からクロスオーバー出演しているキャラもいたりして、なにがなんだか...

今回は、エンダースさんとの戦いなどシンゴたちの最後の戦いが描かれています。レベル的にも、日常はまったくなく、戦闘シーンもかなり特殊な感じになっています。どちらかというとストーリーを追ったり、伏線を回収するという感じではなく、砦シリーズの同窓会といった感覚で話が進んでいきます。シリーズも多かったので、PCやNPCもかなりの数になるため、一人一人にスポット当てることができないんですね。

F.E.A.R.スタイルともいうべき「演出」を中心としたリプレイの土台を作ったこのシリーズ。よく続いたなあという感慨もありますが、さすがに20年超は長すぎだろうというのも正直な感想。でもなんか外伝が出そうな感じもするなあ。

★★☆
posted by あにあむ at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69925740

この記事へのトラックバック