2013年03月29日

新妹魔王の契約者(2)


著者:上栖綴人
出版社:スニーカー文庫
新妹魔王の契約者(2)

シリアス展開とエロ展開が交互にくる、不思議な作品。
主人公・刃更は元勇者。とある出来事が原因で、里を追放された過去を持つ。その際も唯一彼の味方になってくれた父親が「妹だ」と二人の美少女を連れてきたのが前回。そのうち澪と主従関係を結ぶことになったが、サキュバスでもある万里亜のミス(?)により、刃更が主人・澪が従者として契約が成立してしまう。仲介したサキュバスの特性により、従者が主人に逆らうと、性的な罰が与えられる...そんなドタバタ主従の前に、刃更の幼馴染・柚希が澪への刺客として現れる...

根幹となるストーリーは、澪たち魔族を狙う「勇者の里=刃更の幼馴染たち」と刃更の戦い。「家族を守る」という気持ちと「勇者としての使命」の間で葛藤する若者たち。澪と刃更は「家族を守る」ため、主従関係を強固なものにして、戦いに挑む... ここだけみると、シリアスなバトルものです。
ところが、そこにサキュバスが絡んでくるので、エロ展開が...主従関係を強くするための方法が「より強烈な性的快感を得ること」...頭痛い...なので、そのシーンだけとりだすと、ポルノに近いです。

シリアスとエロ、さらにラブコメがバランスしているという作品ではありますが、ここまでエロ入れる必要あったのかなあ? レーベル考えると無茶できないんだし、エロシーンでページとらなくても...

とはいえ、燃える展開と萌える展開、さらに○ける展開が楽しい作品です。

★★★☆
posted by あにあむ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64155438

この記事へのトラックバック