2012年11月09日

ごーいんぐ? ほーみんぐ!(1)


著者:霧鳴篤明
出版社:講談社ラノベ文庫
ごーいんぐ? ほーみんぐ!(1)

神社で「なにか」を祈ったら、「なにか」が叶った代わりに、帰宅時感情が高ぶると、足下が泥沼になる呪いをかけられた少女・東条神埜がヒロイン。主人公は、そんな彼女を目撃したことによって、なし崩し的に巻き込まれてしまった歩。彼には、妹(といっても同級生...ないとはいえんのか)がいて、その妹は病的なブラコン。そのため、友達が少ないぼっち属性。

ストーリーは、神埜の友達である風香がひっぱっていく形になっています。が、強引すぎてご都合主義になっているところが多々。全体に説明が足りていないんですよね。最近のラノベに多いパターンではあります。神埜が呪いをかけられたのは、かなり昔の話かと思っていたのですが(神埜の性格が作り上げられるくらい)数ヶ月前とのこと。うーん、時間感覚が妙だなあ。

神埜と歩に、妹が絡むラブコメになるのかと思いきや、後半は異能バトル中心。ここもマイナスポイントかな。

全体に「何かが」足りないんです。あと少し「何か」があれば、もっと面白くなりそうな作品なんですが、次巻以降果たして?

★★
posted by あにあむ at 09:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫
この記事へのコメント
初めましてfreedomと申します。この度、「ラノベ寸評−意見には個人差があります」様をリンクページにてご紹介させて頂きました。

私は読書一覧ブログという読書内容紹介のホームページを運営しているのですが、もしよろしかったら相互リンクして頂けないでしょうか?

サイト名:読書一覧ブログ
http://shingoonline.blog.fc2.com/

ご検討よろしくお願いいたします。
Posted by freedom at 2012年11月11日 14:52
freedom様、相互リンクのお申し出ありがとうございます。
ジャンルが偏ったサイトではありますが、よろしくお願いします。
Posted by あにあむ at 2012年11月20日 14:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59919942

この記事へのトラックバック