2012年10月30日

あやかしマニアックス!(4)


著者:夏季のたね
出版社:GA文庫
あやかしマニアックス!(4)

「もう、我慢出来ない……」
潤んだ瞳。濡れた唇から洩れる吐息。やわ肌をさらしながら和樹に迫ってくるのは……ヒカリだった! ?
ええ! ? どうしてこうなった! ? (amazon内容紹介より)

通巻では(4)となっていますが、短編集です。
ヒカリと和樹の再会を描いた「恋の上にも三年」、メリーさんの日常に密着した「縁の下の電話待ち」、宋馬と千枝の出会いを描いた「親の心子知らされる」、ヲタクバトルとなった「弘法の筆を殺める」、亜璃沙が主人公の大食いバトル「類は友となる」といった短編から構成されています。

今回の目玉は、やはりメリーさんの正面絵が公開されたことでしょう。メリーさんの特性上、正面のイラストがなかったのですが、今回は表紙を飾っています。そりゃこんな子と一緒に生活していたら...

ヒカリ、亜璃沙、メリーさんという3人のヒロインにスポットが当てられた訳ですが、やはりメリーさんが第一ヒロインですね。ヒカリが一番不利なのかな? 幼なじみ(というよりも従妹という関係のほうが強いはず)は、不利なのかなあ。

短編集ということで、盛り上がりがあまりないところが残念ですね。この作品は、中編くらいが、一番盛り上がるのかも知れません。3人のヒロインが、お互い影響することで、ストーリーがふくらんでいくようなので。今後も、中編を中心に展開していただければ、うれしいな。そしてたまに短編で、裏話を補完してもらえるとさらにうれしい!

★★★★
posted by あにあむ at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59653651

この記事へのトラックバック