2012年10月25日

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している


著者:春日部タケル
出版社:スニーカー文庫
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している

久々に読む、スニーカー文庫。最近読みたいと思う作品がなかったんだよなあ。で、この作品。またタイトルが長いです...

主人公は、天草 奏という男子生徒。なぜか脳内に2択の選択肢が現れ、どちらかを選ばない限り頭が締め付けられるような痛みが続くという症状を持っています。2択は、どちらを選んでも酷いもので、道ばたにエロ本が落ちているのを見つけた時は、「(1)顔に押し付けて臭いを嗅ぐ」「(2)食べる」というもの...端から見れば「残念な人」になりますよね。ある日、突然美少女が空から降ってきて、奏のサポートをするためにきたという彼女は、記憶喪失。名前すら忘れていたので、とりあえずショコラと呼ぶことになります。
ヒロインは、雪平 ふらの(美少女だが、毒舌と猥談でお断り5の一員)、遊王子 謳歌(小動物のような可愛さと無邪気さがあるけど、度が過ぎておりお断り5の一員)、道楽 宴(担任。見た目はロリな先生。ただし毒舌。昔、絶対選択肢を持っていた)、柔風 小凪(美少女で、校内人気ベスト3に入る。ただし男性に免疫がない)
彼女たちを中心に、奏の絶対選択肢によるドタバタが描かれるラブコメです。まあ中二病設定満載なお話ですね。

絶対選択肢は、ある年齢を迎え、神様からのクエストに成功するとなくなってくれるけど、一つでもクエストに失敗すると、永遠に続くという設定になっており、後半は奏が、クエストに挑戦していくストーリーになっています。まあ、当然まともなクエストはなく、「小凪のぱんつを、穿いている状態で見る」といったものです。それをショコラのサポート(?)で、達成していくというもの。

中二病満載なので、心に余裕があるときでないと、読むの疲れます。悪くはないんですけどねえ。

★★
posted by あにあむ at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59503351

この記事へのトラックバック