2012年07月21日

神をしめなわっ!


著者:番棚葵
出版社:スーパーダッシュ文庫
神をしめなわっ!

悪霊がはびこっているため、隔離された御神島で、悪霊退治を行っている3姉妹がヒロイン。退魔能力は高いけれども、周りへの被害が大きいため、監視人がやってきる。それが3姉妹の従兄弟である榊 天太。彼は、従姉妹たちの暴走を止めることができるのか?

主人公やヒロインは「現人神」という設定になっています。長女御神陽香は「殿方にもてること」を最優先に、次女霧刃は攻撃を最優先に、三女月夜はお金が最優先といった、非常に問題のある性格をしています。しかも、どうやら全員とある性癖を持っていたようで...

天太は、しめなわを使って、悪霊やヒロインたちを押さえ込む能力を持っています。本来神聖なはずのしめ縄が、ヒロインたちにとってはxxなものとなり、それが原因で様々な騒動が発生します。

悪霊(幽鬼)退治のバトルがメインになるのですが、コメディ色が強く、メインバトルもかなり間の抜けたものになっています。そういった意味で読みやすい作品かな。しめ縄でブーストするというのも面白い設定。

あと一歩だったのは、霧刃がなぜ今のような性格になったのか、天太との関係についての書き込みが少なかったこと。もう少し幼少時代の二人について詳しく描かれていると、さらにおもしろい作品になったのでは。続きが読みたいような気もしますが、これ以上やると、単なるエロコメになってしまいそうで怖いような気も...

★★★
posted by あにあむ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57158727

この記事へのトラックバック