2012年06月18日

アルシャードガイア リプレイ 本当のRPG


著者:齋藤幸一+田中信二/F.E.A.R.
出版社:ファミ通文庫
アルシャードガイア リプレイ 本当のRPG

アルシャードガイアリプレイとなっていますが、イロものというか、ネタ本ですね。商業ベースではなく、同人ベースのノリに近いと思います。なので、一般読者がこの本を「標準的なTRPG」と思ってしまうと、悲劇がおこりそう。

1話目は、TRPG大好きな女子高生たちが「アルシャード世界」に召還されてしまったら? というネタ。この女子高生たちが、そもそも四コマ漫画「くいっくすたーと」内のキャラなんで、二段オチ的なセッションになっています。
2話目は、ラグナクロク発動中のユグドラシル宇宙の片隅で日常をおくる「お頼りさん」たちの姿を描いた「非日常内の日常」セッション。痛天使羽生じゅりあが初登場するセッションでもあります。

いずれもネタオンリーなので、元ネタがわからないと楽しめません。実際私は1話目がまったく理解不能だった。2話目については、ヒーローたちの日常(かなり偏った世界観ではありますが)を描いたものなので、それなりに楽しめたかな?

いずれにしても、楽屋落ちの作品です。

posted by あにあむ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56554019

この記事へのトラックバック