2012年05月18日

ラッキーチャンス!(9)


著者:有沢まみず
出版社:電撃文庫
ラッキーチャンス!(9)

天草家後継者を巡るバトルが、前巻より続いております。が、はっきりいって飽きました。有沢まみずさんの特徴は「変態さん」なんですが、この頃「単なる変態」ばかりで、おもしろさがない。「いぬかみっ!」に出てきた変態さんは、それぞれ個性があったんですけどね。
キチが少しずつ成長して、異性を意識するようになったというのはいいんですが、どうもそれが生かし切れていないようで...沙代の気持ちを察することが出来ず、一度は開いた彼女の心を再び閉ざしてしまった雅人にオンナゴゴロをもう少し勉強しろと諭すあたりはいいなと思うのですが、その後が...

なんとなく思いつきでバトルを繰り広げているようで、小学生(低学年)が書く「ズドーン、バキューン」な作文のような感じがしてなりません。次巻で、ようやくこのバトルロワイヤルが終了するようなので、それ以降を楽しみにしたいと思います。

posted by あにあむ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55925012

この記事へのトラックバック