2012年03月24日

アリアンロッド・サガ・リプレイ・デスマーチ(6) 明日をつかむ大作戦!


著者:田中信二/F.E.A.R.
出版社:富士見ドラゴンブック
アリアンロッド・サガ・リプレイ・デスマーチ(6) 明日をつかむ大作戦!

無茶ぶりTRPG、デスマーチ6巻目。
統一帝ピアニィの戴冠式が過ぎれば、大陸は平和になるはずだった。ところが、この戴冠式が「大崩壊」を引き起こし、アルディオンは戦乱時代に突入してしまった。フェリタニアも大陸を統一するどころか、かつての領地さえも群雄割拠されてしまい、大幅に領地を狭めることになってしまいました。ピアニィは、表舞台から一時的に去ることになり、今まで影でフェリタニアを支えていた(無茶ぶりされていた)エンジェルファイアーが、今度は幹部として、フェリタニアを支えることになります。ドランは、将軍に昇進し、自らの胴体に「将軍」と書き込み、マルセルは筆頭軍師に、アキナは軍最高司令官に...

なんか話が大きくなりすぎたような気がします。もともと、本筋からのスピンアウトで始まったシリーズなのに、今後は本筋への無茶ぶりが出てきそうな状況。今までのシティアドベンチャー的なシナリオから、今回は大規模戦闘まで発生しています。

各プレイヤーが、自らのキャラに生命を吹き込むロールプレイをされているので、TRPGリプレイとしては、面白いのですが、デスマーチの発生理由からすると少し離れてしまったのかなあ。というか、アリアンロッドリプレイが、あまりにも広がりすぎて、全体像が見えなくなってきているのかもしれません。一度整理が必要だなあ。

★★★
posted by あにあむ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54609214

この記事へのトラックバック