2012年01月11日

小春原日和の育成日記(4)


著者:五十嵐雄策
出版社:電撃文庫
小春原日和の育成日記(4)

築70年、トイレ・風呂は共同というオンボロアパートで暮らす「地味っこ」小春原日和が主人公だったはず...なんだけど、どうも最近佑介が主人公のようです。元々フラグがたっていた日和だけでなく、日和の同級生たちも交え、いったいいくつフラグたてるつもりだ?

今回は「夏期職業体験学習」で菜園部のメンバーと桜乃日和荘メンバーで海へ行くというお話。ところが、その現場である海の家の経営が実はあぶなくて、ぴよの団でがんばって立て直しを図るというのが本筋。その間に、肝試しイベントだとか、お風呂イベントなどが挟まり、ほぼすべての女性陣となんらかのフラグを立てまくる佑介。日和にも「大好き」と言われ「女の子」として意識するようになった佑介。でも「ロリコンじゃない」とブレーキをかけております。年齢差がないんだから、ロリコンってことはないでしょう。裏読みすると「妹として見ないと暴走して、関係を壊してしまいそうで怖い」ってことなんでしょうが、作者さんを考えると、そうでもないかも。そーいや今回エロマウントポジションが出てこなかったような...

「ふたつ名」だとか、オーラが大好きな作者さんですが、お嬢様というカテゴリで2作同時進展しているためか、かなり似てきてしまっています。交互に読むとどっちのキャラだったかわからなくなってきたり...ゲストキャラも被ってますからねえ。激甘ラブコメ、嫌いではないけど、少々胸焼けするかも。

★★★☆
posted by あにあむ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53045913

この記事へのトラックバック