2011年02月17日

小春原日和の育成日記(2)


著者:五十嵐雄策
出版社:電撃文庫
小春原日和の育成日記(2)

作者は「乃木坂春香」シリーズの五十嵐さんです。
築70年の木造アパート桜乃日和荘の住人である中学生、小春原日和(超じみっ娘)が、なぜかお嬢様学校である「姫乃宮女学院」への進学を希望することで始まったこのシリーズ。前巻で同じアパートの残念な住人たちによって、女学院に合格することになった日和(愛称ぴよ)の入学から春先のエピソードとなります。
前巻同様、全編通して日和の「おにーちゃん」という台詞が何度も出てくる激甘ラブコメ。おにーちゃんこと晴崎佑介は日和より1歳年上だけなんだし、どう考えてもお似合いのカップル。
この作品だけ取り上げると、激甘ラブコメとしての完成度が高いのですが「乃木坂春香」シリーズとかぶるところが多すぎるのが、ちょっと難点かなあ。日和の立ち位置は春香だし(本当のお嬢様と、これからお嬢様になっていくという違いはあるけど)、おにーちゃんは、裕人そのもの。考え方も裕人と同じだし、極端に鈍いところもそっくり。入れ替わっても分からないんじゃないかな? 他にも鹿王院唯香は、美夏だな。たいそうな「二つ名」があるのもシリーズ共通。
まだ「乃木坂春香」シリーズも完了していない状況で、ほぼ同じプロットの作品が存在するってのは、どうなのかなあ? とはいえ、激甘ラブコメもたまにはいいな。

★★★★
posted by あにあむ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43468588

この記事へのトラックバック