2009年12月17日

妄想少女 そんなにいっぱい脱げません!?


著者:東亮太
出版社:スニーカー文庫
妄想少女 そんなにいっぱい脱げません!?

スニーカー文庫のラブコメ。あまり期待はできなかったのですが、表紙に惹かれて購入してみました。主人公である光宏は、萌え系イラストを愛しているけど、二次専ではなく、普通の女の子にも興味を持っている高校生...ってこの時点で妙なことに。その光宏がお気に入りのイラストレーター(CGです)の新キャラを見て「こんな子が現実にいたら」と妄想しながら就寝したら、朝そのイラストが実体化していた。で実は絵師さんは...っていうストーリーです。

この作品はラブコメではありません。ラブもコメも要素にありません。かといってエロでもない。中身がないんです。あまりにも...

まず、イラストが実体化する仕組みの説明がありません。それだけでなく。実体化したイラストの説明もよくわからない。さらに、実体化出来るのは光宏だけではないようで、妄想が強ければいいみたい。ってことは、彼が主人公である意味がまったくありません。

妹の存在が意味不明。双子とのことですし、ツンデレを表現したいのかも知れませんが、単なる嫌がらせ(というより虐めに近い)になっています。

ワンパターン。光宏が妄想する − イラストが実体化する − 邪魔が入る − 中途半端なエロシーン − 絵師である歌川みうが介入。というのが延々続きます。その間に、みうと光宏にラブコメ要素でもあればともかく、なにもなく延々... さらにこの邪魔をする人物の行動理由がまったく不明。

他にも細かな点は多々。なんというか「萌え絵をつけて、適当にエロまぜたら売れるんじゃない?」って感じで発刊されたと思われても仕方ない出来。「萌えとエロは違う」という台詞がありましたが、一番分かっていないのは作者なんじゃないかと。「可愛い絵をみてはぁはぁする」といっても、本当にそっち系の行動に出てしまったら、それは単なる「変態」です。

表紙買いはやはり危険だ。

タグ: 地雷
posted by あにあむ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34243326

この記事へのトラックバック