2009年06月22日

迷い猫オーバーラン!(4)みんな私が拾います♪


著者:松智洋
出版社:スーパーダッシュ文庫
迷い猫オーバーラン!(4)みんな私が拾います♪

この作品、巻を重ねる毎に面白くなってきています。最初は単なる我が儘娘だった文乃も、比較的まとも(ひねくれているけど)になってきました。1〜3巻で、文乃・希・千世にスポットライトが当たってきたので、今回はヒロイン最後の一人、乙女姉さんにスポットが当たります。今までも「人助けのためなら、どこへでも」の乙女姉さんでしたが、彼女がなぜそのような性格になったのか? そういう面にもスポットライトがあたります。で、4巻では、新キャラも登場。今後もこのキャラ登場するのではないでしょうか?
4巻は、クリスマスまでの日常を描いた作品となっています。その中で、乙女と巧の出会いなどが描かれていきます。今までより、ほろっとするシーンが多いのが特徴になっていますね。でも。コミカルな部分はちゃんと残っています。今まで、存在価値が解らなかった男性陣も存在感を強くしてきています。もちろん、三人娘の巧を巡る攻防も前巻から続いており、千世が財力に頼らなくなったこと、希が自分の気持ちを表すようになったことで、さらにドタバタ感が強くなってきています。クリスマスには奇跡が起こる...心温まるお話になりました。

★★★★
posted by あにあむ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29987871

この記事へのトラックバック