2009年03月11日

迷い猫オーバーラン!(2) 拾わせてあげてもいいわよ?


著者:松智洋
出版社:スーパーダッシュ文庫
迷い猫オーバーラン!2 拾わせてあげてもいいわよ?

シリーズ2巻目。1巻目の感想で「続刊が出ることを前提にしているのかな?」と書きましたが、まさしくその続刊。って世間じゃもう3巻も出ているのね...最近読むスピードが遅くなってしまって...
前回言っていたように2巻まで読むと、千世や男性サブキャラ2名の存在感が出てきました。特に今回の主役となる千世に存在感が出てきていますね。タイトルとサブタイトルの意味が分かるようになってきました。ついでになぜ表紙が千世なのか? という点も理解出来てきました。なるほどこうやって最初から複数巻続けるつもりの小説だったんですね。それを1巻だけで判断しようとしたから、キャラが立っていなかったんだ。って連載のような進め方ですね。

あまり売れていない洋菓子店「ストレイキャッツ」を舞台にした青春ストーリーとなっていますが、今回は千世を中心として話が進んでいきます。千世にセレブお嬢様である竹馬園夏帆が入れ知恵することで、千世の思惑とは全く逆の方向に話が進んでしまいます。どうもこの夏帆お嬢様、千世にする入れ知恵は「お金があれば、なんでも解決する」というスタンスにたったもののわりに、最後のほうでの巧に対する態度はもう少し現実を知ってそう。少し不思議なキャラです。
乙女ねえさんは、相変わらず「謎の人助け」で不在だし、文乃はツンデレの域を超えた「わがまま」爆裂だし...ストーリー運びに大きなほころびがないので、最後まで楽しく読むことが出来ました。
巧を中心として、集まってくる人々。今のところ「本当の悪人」はおらず、それが読後感を軽いものにしています。そこに、お約束のスク水もあり、イラストもストーリーとマッチしており、良質のライトノベルとなっています。巻数が進むにつれ、深みも出てきており、3巻が楽しみになってきました。

★★★☆
posted by あにあむ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27517903

この記事へのトラックバック