2019年09月11日

絵師殺しの戌亥さんとエロい絵に定評のある俺(2)


著者:猫又ぬこ
出版社:講談社ラノベ文庫
絵師殺しの戌亥さんとエロい絵に定評のある俺(2)

絵のエロさには定評があるものの、ストーリー構築力が壊滅的なため漫画家になりきれない高校生・近衛虎鉄。彼の絵のエロさにひかれ、売れっ子ラノベ作家・戌亥詩織に同棲生活を言い渡された虎鉄。詩織は、可憐な女子高生だが「絵師殺し」の異名を持つ異常な速筆作家。彼女は自らが、また虎鉄が創造力を高めるため、ラッキースケベを仕掛けてきます。夜のトイレから聞こえる、詩織の密やかなあえぎ声…ひとりエッチをしているのかと思いきや、テープで流しているだけで、悶々とする虎鉄を観察していたり…って「録音かよ」という感じで流されていますが、その声はどうやって録音した? それ以外にも締め切りを守ったご褒美として、担当編集(美少女)とデートしたり、美少女ラノベ作家にしてクラスメイトの二宮狐々亜に言い寄られたりと、実はリア充な生活を送っています。

そんな中、今回新たなラノベ作家が登場します。彼女は、虎鉄が見知った人物で、かつ虎鉄のイラストの大ファンだったという、美少女JS。って高校生でもどうかと思うのに、JSがエロ小説書いてどうするんだ? 

エッチなイラストが大好きな美少女作家に囲まれて、虎鉄はどうする? というか、そもそも漫画家になる必要があるのか? 

新たなヒロイン投入で、ますます変態美少女が増えてしまった感があります。彼女たちのエッチなお願いに虎鉄が応えていく物語。というと、別の小説になってしまいますね。

★★★☆
posted by あにあむ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186543984

この記事へのトラックバック