2019年09月03日

KB部(2)


著者:新木伸
出版社:MF文庫
KB部(2)

あー、感想書きにくい。
いつもの放課後、いつもの部屋でいつもの執筆タイム。KB部では、皆で執筆活動を続けています。で登場人物は、GJ部やGEと同じメンバー(なのか?)という時空を越えたややこしい構成になっています。今回京夜が書くのは、
「オレたち原始人だった!」「ええ。はい。はじまり人間ですねー」
「オレたち海賊になった!」「宇宙海賊っていう案もあったんですけど」
といった作品。登場人物は、軽文部のメンバーたち。なんだろう。ほんわかというのか、変化がないというのか…

とりあえずこの小説は、そういう小説なんだろう。本当の意味での「日常系」なのかもしれない。

★★☆
タグ:★★☆
posted by あにあむ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186510070

この記事へのトラックバック