2019年08月27日

異世界混浴物語(6) 誘惑の洞窟温泉


著者:日々花長春
出版社:オーバーラップ文庫
異世界混浴物語(6) 誘惑の洞窟温泉

いつの間にか出ていた6巻。ますます「無限バスルーム」は、お風呂場から遠ざかっています。
冬夜は、ついに魔王軍の拠点がある洞窟王国「アレス」へたどり着きます。捕虜とした五大魔将の一人「魔犬」の案内で魔王が封印されている祭壇へと向かいますが、冬夜の存在は、魔王復活の引き金になってしまいます。対峙する冬夜と魔王。さらに反魔王派の魔将の襲撃で三つ巴の闘いに突入していきます。

あらすじだけを読むと、バトルシーンに突入かのようですが、そこは混浴物語というタイトル通り、混浴シーンがメインとなっています。冬夜のハーレムはどんどん拡大しており、いろんな属性の美少女たちが集まってきています。無限バスルームも、もう完全に巨大な温泉旅館という状況になっており、初期の頃の「冬夜のMPで維持する」という設定はどこにいってしまったのでしょうか? いや、一応設定は残っているようですが、すでにMPは誤差の範囲になってきているようです。

でもここまで大きくなった、無限バスルーム。女神も全員登場してしまったので、これ以上大きくなることはないんですね。なんとなく想定内に収まってしまったのが残念です。初期の頃みたいに、驚く成長や利用方法を描いて欲しかったですね。

★★★
posted by あにあむ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | オーバーラップ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186477416

この記事へのトラックバック