2019年07月10日

アジャンスマン


著者:御手座祀杜
出版社:ファンタジア文庫
アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた

とある事情で学校を1年休学していた、山繭旁が主人公。彼が休学前に所属していた現代コンテンツ表現調査部会の扉を開けてみると、そこでは美少女たちが楽しくアニメやゲームのオタトークを繰り広げる世界になっていた。休学前の硬派なサークルはどこへいった?旁が、サークルの美少女が手がけるラノベにアドバイスをして、よくなりました。ってだけの話。

作者は、もともとラノベではない分野からの転身組(といっても新人さん)のようですが、ラノベの「なんたるか」が理解出来ないまま書き殴った作品なんでしょうね。とりあえず、小難しいこと言わせて、異能を出して、ついでに美少女を出して、いろんな属性入れて、あ。妹属性いれておかないと…てな感じで進んでしまったようです。キャラクター間の関係性が極端に薄い作品になっています。なぜ旁に好意を抱いたのか? それも曖昧。さらに旁のいう異能(能力と表現されている)が出てくるにいたって、本を投げ出したくなりました。まあ前半(というか大半)が、うんちく語りになっているんですけどね。

正直旁のアドバイスって、底が浅いです。その程度のアドバイスで、Web小説人気ランキングを左右するというのは、浅はか。すべからく創作活動は「能力(=異能)」がある人が優れている。まあ確かに「能力」がないと、いい作品は生み出せないでしょうが、それは異能ではなく、普通に誰もが持っている才能。それに努力が組み合わさって、いい作品が生まれているはず。異能だけで作品が生まれるなんて、面白くもなんともない。

久しぶりに地雷でした。

タグ: 地雷
posted by あにあむ at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186256975

この記事へのトラックバック