2019年06月25日

R-18な彼女はどうやら経験値が足りないようだ


著者:米俵好
出版社:スニーカー文庫
R-18な彼女はどうやら経験値が足りないようだ

エロゲをこよなく愛している高校生・逢坂輝夜(男)が主人公。新しいエロゲを入手し、いそいそとゲームを進めます。一番気に入ったキャラ・朱音ルートを攻略する輝夜。朱音の声は非常に可愛く一瞬で惚れ込み、二次元美少女・朱音といちゃいちゃするため(別名自家発電するため)、Hシーンに突入…ところが、そこに待っていたのは、まったく性的に興奮しないエロボイス…あまりの酷さに、掲示板に文句を書き込もうとするものの、すでにそこは罵詈雑言の嵐…逆に冷静になった輝夜はげんなりしたまま、翌日(新学期初日)登校します。同じクラスになった学園一の美少女と名高い七家茉莉の自己紹介を聞いて、朱音=茉莉ということに気づいてしまいます。
「そっか、逢坂君はあのゲームをプレイしたんだね……お願いがあるの。私の……えっちな声の練習を手伝ってください!」ということで、彼女のエロボイスくれんを手伝うことになります。

まあエロゲでありそうなシチュエーションですね。輝夜が最初に考えたこともありがちで「ひとりえっちの時の声を想像すれば」というものでした。それに対する茉莉の答えは「数回やったことあるけど、感じすぎて、なにも覚えていない」というもの…っていうか、知り合って間もない女の子に、そんなプライベートなことを聞く輝夜もですが、それに対する回答をする茉莉も大概ですね。で結局、二人は服を着たままエッチな真似事をするとか、ゲームシナリオ通りにデートをするとかを繰り返すのですが、果たして…

メインストーリーだけを見ると、面白いラブコメになっているんですよね。ヒロイン・茉莉も可愛いし、輝夜もズレているけど、ある意味欲望に忠実だし。輝夜のオタ友達もいい味だしているし。残念なのは、サブヒロインたちですね。輝夜の妹(一つ下のJK)やその親友。妹(寧々音って難しい名前だな)も、ブラコン気味だし(兄と手をつないで平気で登校する)、妹の親友も明らかに輝夜Loveなんですが、それが生かし切れていないんですよね。前半の流れだと、三つ巴のラブコメになりそうなのに、後半妹やその親友はフェードアウトしています。特にクライマックスでは、影もなし。せっかく途中で、らっきースケベイベントを起こしているんだし、もう少しストーリーに絡んでくれたほうが面白かった。Web小説だと、これが限界なのかなあ。

★★★
posted by あにあむ at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186187908

この記事へのトラックバック