2019年06月19日

この終末時計、戻せますか? 進めますか?


著者:朝日乃ケイ
出版社:GA文庫
この終末時計、戻せますか? 進めますか?

面倒事を避けるためならば、どんな努力も厭わないという矛盾した性格の常識人(ではないな。重度のシスコン)御終日暮が主人公。ある日突然、空から銀髪の美少女・戦波アテナが降ってきます。彼女曰く「あと5分で世界は滅びます! 」。彼女のおっぱいを触らないと、終末時計の針が進んで、世界が滅びる…新手の痴女か宗教の人か…
怪しさ爆発の登場をしたヒロインですが、実際に世界破滅の危機が回避されたことにより、日暮は少しだけ信じるようになります。そんな非日常が始まった時、今度は学校に中二病な冥附之ハデスが転校してきます。彼女も、アテナと同じようなことを言い出して…アテナは「破滅を防ぐ宣託」を、ハデスは「破滅する宣託」を受けることが出来るようです。どちらも、運命歯車値が非常に高い、日暮がキーマンになっています。

ハデスのキャラがいいですね。中二病でボッチ。でもそれが寂しいと感じる素の女の子な部分が時折現れるところが可愛い。単純にアテナ=光、ハデス=闇と対比させるよりも、面白いことになっています。アテナの受ける宣託が、「クラスの女子全員のパンツを盗む」とか、異性と混浴するといったものなのもライトな雰囲気になっています。

ストーリー展開もスピーディなので、読みやすい作品になっていますが、結構早いタイミングで、黒幕が分かってしまうのが残念。というか、アテナ・ハデス以外のキャラの扱いが雑。それぞれ「ウラ」がありそうなんですが、ほったらかしになっているような感じがあります。日暮の妹・ひよりは、人と接することが苦手な重度の引きこもりという設定ですが、弱いなあ。クラスメイトである鉈切舞姫は、某国から送り込まれたエージェントということですが、途中で設定が消えています。愛条カリスも、温和でふわふわした性格の新任先生ということですが、どうも中途半端。

「あと5分、あと5分で世界は滅びます――! 世界を滅ぼさないために――わたしとラブコメをしましょう! 」というキャッチフレーズ通りラブコメ主体にするのだったら、3人もうまく使って欲しかった。

★★☆
posted by あにあむ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186162146

この記事へのトラックバック