2019年06月14日

大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ?(6)


著者:櫂末高彰
出版社:MF文庫
大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ?(6)
全世界の嫁に応援されて史上初の皇帝に返り咲きます。

前巻で現地妻を訪ねて(違う)諸国外遊していた常信は、隙をつかれてグロリア帝国皇帝の座を奪われていました。物量というチートを失い、今度こそ絶対絶命かというと、嫁たちや関係各国の支持は厚く、彼女たちの応援を得て、一発逆転を目指します。

「大国である」その一点で、戦ってきた常信ですが、その後ろ盾が無くなったどうなるのか?というような話は、ほぼ無視です。いきなり仮想通貨を立ち上げ、課金アプリを立ち上げ…「信用」を武器に相変わらずの大国チートを続けています。彼らがどのように黒幕を追いやっていくのかを純粋に楽しめばいい物語…

現代ネット世界がそのまま流れ込んだ世界観になってきました。最初はアイドルでしたし、掲示板やAmazon今回は仮想通貨や課金アプリが登場しています。いずれも、非常にモデルが単純化されているので、現代社会には通用しないチートですが、まあ勧善懲悪ですっきりするからいいか。常信が、基本「自分は何も知らない」ということを認識していて、でも必要以上に卑下していないのが、気持ちいいですね。

最初から、エロコメ傾向はありましたが、今巻はその傾向が非常に強くなっています。嫁たちの尻と語らうとか、全裸でツイスターとか…指示を出すのに言葉ではなく、尻と語らう…両手足では足りないので、真ん中の足を使う…で嫁たちは、太ももを濡らす…もう、単なるエロ小説のようなシーンが一杯。最初は「従属魔法の効果で快感を得る」といった程度だったのが、もう直接触るのはごく自然…手が蜜まみれになるのもアリと、いろいろ怪しい状況になってきています。あまりこっち方面に特化すると、正直おもしろくなくなってしまうため(結局はラノベの限界にぶつかるし、ストーリーが薄くなる)そろそろ原点に戻って欲しいですね。

★★
posted by あにあむ at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186137821

この記事へのトラックバック