2019年05月22日

乃木坂明日夏の秘密(3)


著者:五十嵐雄策
出版社:電撃文庫
乃木坂明日夏の秘密(3)

学園一のアイドルにして、超お嬢様な明日夏と過ごす夏休みもあとわずかとなってきました。明日夏の希望で「夏のフラグ」回収のため、夏祭り・海と様々なイベントをこなしていく二人。二学期が始まると、合唱コンクールに実力テストと、学校イベントが続きます。そんな怒濤の日々、明日夏の家出という超特大の爆弾が破裂します…乃木坂家のメンバーが次々登場し、前シリーズ登場人物が勢揃いしています。

ますます春香シリーズと、ストーリーが似てきましたね。前シリーズでは、もう少し経ってから、Vs父親があったと思いますが、今回はかなり早めに登場しています。前シリーズを踏襲するために仕方がなかったのでしょうが、父親が前シリーズと変わりすぎているのが、残念ですね。ここまで性格を変えるのであれば、もう少しその背景を説明して欲しかったです。特に、春香を始めとする、他の乃木坂家のメンバーが恐ろしいほど変化していないため、あまりにも異端になってしまっています。

春香は、完璧美少女でしたが、ドジッ娘でした。明日夏は、完璧に見せている美少女で、ドジッ娘要素はあまりありません。まあ、現状の明日夏スペックで、ドジッ娘要素をいれると、ちょっとあざとすぎるかもしれないですね。

前シリーズ同様、主人公の周りには、美少女が集まっています。幼なじみ枠もしっかりいますし、妹枠も。「いざという時はすごい」という主人公特性も持っており、両親の姿が見えてこないのも同様。前回と異なるのは、二人がお互いの気持ちを確かめるタイミングが早かったということですかね。これから先は、幼なじみ枠や、明日夏の姉・未来が絡んでくるでしょうか? あまりややこしい人間関係を作らないで欲しいな。前シリーズの美夏たちのようなヒロインが出ないことを祈ります。

前回も書きましたが、この作品は深く考えてはダメです。お約束を楽しむ気持ちがないと、面白くないです。

★★★☆
posted by あにあむ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186033291

この記事へのトラックバック