2019年05月15日

恋愛至上都市の双騎士(2)


著者:篠宮夕
出版社:ファンタジア文庫
恋愛至上都市の双騎士(2)

かつて魔王を倒し、世界を救ったことのある、勇也と藍葉。今度は未来に復活する魔王討伐のために、未来の世界へ転生しています。この世界は「恋愛感情」が強さに変わるという謎設定な世界であり、二人はイチャラブしながら魔王を倒しました。そんな二人が次に挑むことになった任務は「いちゃいちゃ競技で世界最強カップルを決める「恋愛祭」への出場…一見平和に見える任務だったのですが、そこには祭を狙うテロリスト「カップル殺し」に警戒をすることになります。さらに、勇也に熱烈アプローチをする黒髪美少女が登場し、パートナー交代の危機が生じます。藍葉も、「せ、先輩。私のバニーコス、どうですか?」となりふり構わない攻めに転じ、果たして二人の仲は?そして世界は?

ふざけた設定のラブコメ第二弾です。前回魔王を倒したはずですが、世界の危機は続いていたというのが今回のメインエピソード。勇也と藍葉の「恋愛磁場」はなかなか強くならず、ランクも上がらないままになっています。そこへ、ライバルが登場し、ラブコメの様相が強くなるのですが。恋愛祭も、ふざけた内容となっており、登場するカップルも、幼女しか愛せないロリ野郎やら、百合など変態しか出てきておりません。普通の恋愛じゃ、ダメなんだろうか…

カップル殺しは「リア充爆発しろ!」なギャグ的存在かと思いきや、後半のキーパーソンになっています。というか、前巻同様、前半部と後半部でノリが大きく違います。前半は、ラブコメ中心ギャグパートですが、後半はシリアスな戦闘パート。ただ今回も「主役この二人でなくても成立するのでは?」という疑念は拭いきれませんでした。ある意味一番普通のカップルである主人公たちなんですが、それ故「誰でもいいんじゃない?」という感が強くなってしまいます。恋愛磁場の発生条件もよくわからないものになっていますし…(ドキドキが強いと、数値が高くなるようですが、それだとカップル歴が長くなると不利ですよね)

設定がうまく生かし切れていないような気もします。もう少し勇也の気持ちを前面に出して、サブエピソードを減らしたほうが面白くなりそう。

★★☆
posted by あにあむ at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186001514

この記事へのトラックバック