2019年04月25日

あなたにだけちょっとあざとくなる私をお許しくださいっ


著者:さくらいたろう
出版社:MF文庫
あなたにだけちょっとあざとくなる私をお許しくださいっ

主人公・光輝は、高校卒業の日にクラスメイトの彩花、後輩の雫、義妹のこのみの三人(美少女)に同時に告白されます。ハーレム展開キター!と思いきや、それぞれ、顔・上半身・下半身(足だよ)が好きということで、「分割」されることに…そう、彼女たちはヤンデレてしまい、サクッと殺されます。死後の世界で、未来に生まれてくるはずだった、娘のヒカリと不運をなげくことに。そもそもこんな状況になった原因は、女神・イザナミが興味本位で「光輝に好意を持っている女性」の好意度を200%に設定したこと。そのため、ヤンデレになってしまったという…娘ヒカリのために、爆笑する女神をよそに、光輝は何度も何度も生き返ります! 果たして、ハッピーエンドを迎えることが出来るのか?

まあゲームですよね。ゲームオーバーになったら、リセットして、もう一度挑戦する。それを繰り返すという流れになっています。そう考えないと、あまりにも簡単に光輝が死にすぎ…。三人のヒロインのヤンデレポイントが低すぎ…さらにはリセット回数が多すぎです。一回あたりのプレイ時間(違うか)を長くして、回数を減らしたほうが、面白かったように感じています。

ヒロインよりも、ヒカリのほうが可愛いというのが特徴。毎回ヒカリの性格が微妙に違うというのは、バラエティがあったよかったですね。

主人公がよく死にますが、ゲーム的処理となっているので、痛そうなシーンは、ありません。光輝とヒカリによるイザナミへのお仕置きも「くすぐり攻撃」なので、暗さがありません。それはこの作品のいいところですね。これでホラーだったら、無茶苦茶辛いですからねえ。

ただ、この作品最大の欠点は、最初の数ページでオチが分かってしまうこと。もうああやって、でも結局そうなるわなあ、という結末が見えてしまいます。もう一段予想外のオチがあったら、★増えていました。

★★
posted by あにあむ at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185908101

この記事へのトラックバック