2019年04月22日

美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!! (5)


著者:春日部タケル
出版社:スニーカー文庫
美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!! (5)

業界最強(最凶?)のカリスマ編集者・鳴海は、新レーベル創設を宣言し、天花、ひよこ、ソレイユなど清純が担当するクリエイターに次々と引き抜きの声をかけていきます。さらには、編集部にまで現れ、清純以外全員を「編集者」としてスカウトしていきます。清純には、編集者としてではなく、クリエイター・棗としてスカウトをかけてきます。天花は、「究極の創作物」を最優先する鳴海の影響で、すべてを捨てて創作にのめり込む異常事態に。天花を救うため清純は、もう一度だけ小説を書く決意をします。

前巻で、新しいキャラとなるJSが登場してきたので、もう少し続くのかな? と思ったのですが、最終巻になりました。後書きで作者は「悔しさ9割」と書かれていますが、確かにもう少し続いてもよかったかなあとも思います。無理矢理1巻にまとめたからか、後半が駆け足になっていますし、ひよこがクリエイターとして独り立ちするのかどうかなど、置き去りにされてしまったエピソードも残っています。

鳴海との対決は読み応えがあるシーンの連続になっているのですが(ギャグという意味で)ラストは、あまりにもスピリチュアルになってしまっており、少々怖いです。何度も「薬はやってません」というサブタイトルが出てきますが、本当「なんか変なもの、使っているんでは?」という流れが続きます。はっ、彼らはニュータイプだったんだ!

後半のドタバタがなければ、もっと面白かったんでしょうけどねえ。最後の数ページの展開は、非常に好みです。まさにラブコメという展開。評価が難しい作品になってしまいました。

★★☆
posted by あにあむ at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185895795

この記事へのトラックバック