2019年04月17日

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(6)


著者:花間燈
出版社:MF文庫
可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(6)

書道部なのに、書道をほとんどしていないという至極当たり前な指摘を生徒会から突っ込まれた、主人公with変態娘たち。それだけなら、なんとかごまかす方法はあったのでしょうが、さらには部長(及び全員)による、部費の使い込み(バニーガール衣装代)が発覚してしまいます。部長以外の3名は、自らのお小遣い等で補填できたのですが、部長はすでに前借りが限界にきており、自ら稼ぐしかない状況。そのため、バイトをすることになるのですが、部長が働けるのか? さらにペナルティとして、慧輝は生徒会に人質として出されます。生徒会では、愛梨に冷たい視線を向けられ、彩乃からは執拗に匂いをかがれながらも、臨時役員として奔走します。なんせ生徒会も美少女揃い。彩乃はアレだけど、書道部娘のように変態は少ないかも。

今回は、ほぼ生徒会での出来事となっています。なんだかんだでスペック高めの慧輝。書道部娘たちの、いろんなアプローチにより、実は女の子扱い慣れてきています。生徒会は副会長の彩乃は、匂いフェチな変態娘だけど、愛梨は男嫌いということを除けば、普通の女の子、さらに新キャラ…書記の凜はちょっと羞恥心が足りないけど、元気な娘。と、実は居心地がいいのも事実。教育係となった彩乃との仲は、どんどん進んで、端から見れば「バカップル」の様相を呈してきます。もともと彩乃を危険視していた書道部娘たちは、あの手この手で慧輝奪還を試みますが、ことごとく失敗します。

今回も、彩乃さんによる「くんかくんか」だけでなく、瑞葉までがくんかくんか…さらにはとあるメンバーとの「目隠しプレイ」などなど、変態オンパレードとなっています。というか、瑞葉の変態度が巻数が増していくにつれ、酷くなっていますね。露出狂(ぱんつをすぐ脱ぐ)というだけでなく、匂いフェチという性癖まで露わにして…いくらムラムラしていても、それはヤバいよね。

なんだかおもしろさが増したようです。
★★★☆
posted by あにあむ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185873642

この記事へのトラックバック