2019年03月22日

遅すぎた異世界転生(2)


著者:なめこ印
出版社:GA文庫
遅すぎた異世界転生(2) 人類を滅ぼした魔王ですけどよかったらウチで働きませんか?

突然異世界に呼び出され、魔王シシーに仕えることになった元勇者マサムネ。前巻では、いろいろ設定の浅さが見えて、ストーリーに入り込めなかったのですが、今回は設定を無視して、ラブコメとして楽しむ方向をとることができました。それでもマサムネの性格は、しっくりこないのですが…

今回は、世界平和を願うシシーが、人魚族とともにフェスを開催し、多くの魔族同士の交流を図ろうとするエピソードがメインになっています。フェスは、水着コンテストにグルメコンテストなど、フェスっていうか夏祭りといった感のものになっています。マサムネは、人間ということだけで、他種族から警戒されていますが、どうなんでしょうね? 普通滅ぼされた側が、警戒するもので、滅ぼした側はあまり警戒しないような気もします。まあ魔王が一番人間らしいってのもあるんですけどね。

前巻の登場人物はほぼ出てきています。そのため、各キャラの印象が薄くなってしまっているというのが実情。ワイバーンは、新キャラ・カリンの特異性を目立たせるための再登板なのだと思いますが、それ以外は不要だったのでは? というキャラもいます。メイドたちが、前回以上にどうでもいい存在になっているのが残念。

魔王も自分の気持ちに気がついていないですし、マサムネも同様。以前より少しだけ、シシーを意識するようになってきるようですが、まだまだといった感ですね。そのわりにしっかり、ジゴロぶりを発揮して、ヒロインがどんどん増加しています。これ以上登場人物増加させてしまうと、いろいろ薄くなってしまいそうなんですけどねえ。

前巻は★一つと厳しい評価になりましたが、今回は少し面白くなってきたということで、★の数増やしています。たぶんこの作品は、マサムネが異世界から転移してきたなどの設定を深く考えずに、ラブコメとして楽しむべきなんだと思います。

★★☆
posted by あにあむ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185749321

この記事へのトラックバック