2019年03月20日

異世界作家生活 女騎士さんと始めるものかきスローライフ


著者:森田季節
出版社:ダッシュエックス文庫
異世界作家生活 女騎士さんと始めるものかきスローライフ

中堅小説家・長谷部チカラが主人公。異世界との交流がある世界が舞台となっています。そんな異世界から来た女騎士シーナ・マスクリフに頼まれて、異世界で小説教室を開くことになります。「作家がほぼいない異世界なら楽勝で最強の作家になれる!」という低い志で…異世界の教室には、毒舌なドワーフの美少女・ミクニ、神話級のおっぱいを持つ貴族令嬢・ユサ、見た目ロリだけど137歳の魔道士・シヴァなど個性豊かな生徒がいました。彼女たちに、チカラはラノベの書き方を教えることができるのだろうか?

舞台は異世界となっていますが、生徒の種族がバラバラなことを除けば、あまり現世と変わりない世界のようです。実際授業シーンも中盤からは、異世界ということを忘れそうになります。現代日本のラノベやコミックもかなり読まれているようですし…

ストーリーは、あってないようなもので、チカラによるラノベ講習が続いています。ただその手法は押しつけではなく「あくまでも一つの事例」という形になっているので、How Toものにある押しつけがましさは少なくなっています。さらに、現世からチカラを追っかけてきた、売れっ子作家である堀松ひらや、生徒たち(特にミクニ)によるラブコメも楽しめそうです。

今回は導入部分ということもあり、大きな事件は起こっていません。これから、いろんなエピソードが描かれていくのだと思いますが、もう少し振り幅がないと面白くならないかな?

今回非常に残念だったのは、ラスト。ヒキといえば、それまでなのかもしれませんが、私は「Web連載分を一冊ボリュームで切っただけ」といった感を受けてしまいました。ってこんなこと書くと「批判者」と捉えられるかな? 

★★
posted by あにあむ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185739605

この記事へのトラックバック