2019年03月11日

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(7.5)


著者:恵比須清司
出版社:ファンタジア文庫
俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(7.5)

巻数が7.5となっているので、本編とは別の短編集と思っていたのですが(いや、実際に雑誌連載を加筆修正されたもののようですが)一冊まるまるで一エピソードとなっており、特に短編というわけではありませんでした。本編に出てこないキャラだったことと、若干時間軸がずれているため、と考えたほうがよさそうです。

永遠野誓に憧れる、涼花の後輩・万里小路寧々が新キャラとなります。涼花の学校で開催された祐の講演会がきっかけで、ラノベの存在を知り、なぜか祐に憧れてしまった少女です。彼女はラノベ執筆をしたがっており、永遠野誓に教えを請いたいということでした。とはいえ、実際の永遠野誓は涼花のほう。いろいろ逡巡があり、涼花と祐の二人で教えることになります(そうすれば、涼花は祐とイチャイチャできる) で、二人が教えるのは、イチャイチャ体験… 頭ナデナデとか、恋人繋ぎとか…『ぽっきーげーむ』ってなんですか、お兄ちゃん?」そういや、涼花もラノベあまり知らなかったんだ…さらには、舞・Wピース先生は「ラノベにはラッキースケベ」が必要という理論を持ち出します。しっかり、実践してしまう兄妹…さらに水無月さんの妹講座、神坂姉妹によるアキバ体験ツアーとどんどん過激になっていき、いつものごとく涼花もバグって…寧々の本心に気がついた涼花は「寧々さんがお兄ちゃんに告白を!?なら私にできるのは…!」と暴走…

番外編ですが、いつものノリになっています。今までのヒロインの中で一番祐への本気度が高いのが寧々なのかな? 舞は祐を見ているというよりは、永遠野遥という存在に憧れているような気がしますし、Wピース先生はおもしろがっているだけ、神坂姉妹はよくわからないし、水無月さんは、自分の兄の代替と考えているようだし…そういう意味で一番純粋に祐のことを見ているような気がします。寧々は番外扱いのようなので、これから登場シーンはないんですかねえ。こういった娘がいたほうが、ラブコメが面白くなりそうです。

★★★
posted by あにあむ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185691022

この記事へのトラックバック