2019年02月27日

乃木坂明日夏の秘密(2)


著者:五十嵐雄策
出版社:電撃文庫
乃木坂明日夏の秘密(2)

春香シリーズよりも、さらにスピーディに主人公Loveになった明日夏。前巻は、出会いから一気に夏コミまでストーリーが進み、春香シリーズにあった、ゆったりとした時間がなくなっていたのですが、今回は時間が少し戻り、夏休みのまったり生活が描かれています。前巻登場しなかった、エロマウントポジションも登場していますし、さらにアリスなど前シリーズの登場人物が復活しています。前巻で妙な勘ぐり(実はタイムスリップなど、SF要素が加わっているのでは?など…)を吹き飛ばすように、未来も登場しています。年齢的にもおかしくない設定になっており、安心してラブコメに没頭できる体制になってきました。

今回は、お買い物デート、キャンプ合宿(プチ遭難つき)、明日夏のおうちにお泊まり(5泊)と順調というか、一足飛びに明日夏と主人公の仲が近づいていっています。すでに、何度かいい雰囲気になり、あと少しでというシーンがあるのですが、そのたび静琉さんが登場して、未遂に終わっています。でも、前作カップルより早く進みそうですね。主人公が、自分の気持ちに気づいていますからねえ。前作もそうでしたが、主人公の家族がまったく見えてこないのも特徴ですね。5日間も外泊して、なにも言われないのだろうか(男とはいえ)など、私の世代の感覚からすると、不思議に思えるシーンもあります。まあ明日夏のほうは、プリティ美夏ちゃんが、親代わりだから、なんとなく理解できるんですけどね。

今回、春香たちと思わしき影が、いろんなところに現れています。ぼちぼち本編に登場してきそうですね。楽しみではあります。主人公ペアは順調に絆を深めていますが、所々で美夏さんの「後悔」が見え隠れしているのは、少し辛いですね。姉に遠慮する形で「おにーさん」を諦めた美夏さん。もう20年近くが経とうとしているのに、まだ引きずっているんだなと。明るく振る舞っている姿があるだけに、いろいろ考えてしまいます。

この作品は、ストーリーを深く考えず楽しむ方がよさそうです。様式美としてのラブコメをなにも考えずに楽しみましょう。

★★★☆
posted by あにあむ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185631576

この記事へのトラックバック