2019年02月27日

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。


著者:かじいたかし
出版社:HJ文庫
魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。

かつて魔王を倒した勇者イザヤは、魔王から受け継いでしまった膨大な魔力を隠して、一人暮らしていました。ある日森の中で、錬金術師の少女・ヨーメリア(ヨメ)を助けます。ヨメは、イザヤが持つ膨大な魔力に気づき、同居をせがまれることになります。
ヨメは、錬金術師として一流であるものの、魔力が少ないため、どうしても精製できるものに限界があります。イザヤは、魔力を分け与えられるため、その能力に目をつけたことになります。魔力を渡し唯一の方法はスキンシップ。それも接触範囲が広ければより融通できるなど、イチャイチャな流れになる設定がしっかり出来ています。(この手の設定だと、粘膜が一番効率がいいというエロコメが多いんですけどね)
「じゃ、手握るぞ」「あ、もう、イザヤさんっていつも突然なんですから」照れ臭く、恥ずかしく、でも嬉しい日々が始まり――。

元勇者と魔力の少ない錬金術師のイチャラブコメディとなっています。ヨメは、魔力が少ないことを除けば、その能力はトップクラスの錬金術師。それだけに、魔力を渇望しており、目の前に現れたイザヤを逃がす手はなかったのですが…元々「仕事上のパートーナー」として同居しているはずですが、いつの間にか異性として惹かれていくのは、当然の帰結ですね。なので、朝起きたら必ず魔力補填をする=イチャイチャすることを、習慣化しようと画策するなど、魔力補填が目的なのか、イチャイチャするのが目的なのか、途中から分からなくなってきます。二人の甘々生活だけでも、ラブコメとして成立しているのですが、後半はヨメのライバルが登場し、そちらもイザヤに興味を持つということで、さらにラブコメが面白くなっています。ヨメのかいがいしさと、イザヤの唐変木のようで、実はしっかり相手を見ているという姿で、最強イチャラブ小説になっています。

久しぶりに、転げ回る激甘ラブコメに出会いました。それも、エロには転げず、イチャイチャだけでこのクオリティ。続編が楽しみですね。

★★★★
posted by あにあむ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | HJ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185631322

この記事へのトラックバック