2019年02月20日

女神の勇者を倒すゲスな方法(5) 「そして日常へ……」


著者:笹木さくま
出版社:ファミ通文庫
女神の勇者を倒すゲスな方法(5) 「そして日常へ……」

ついに女神Vs.ゲス参謀の闘いが決着します。
魔王の機転により、女神の襲撃から逃れ魔界にたどり着いた真一たちは、反撃の糸口を探します。しかし古い文献をあたっても女神の存在は見当たらず、代わりに判明したのは太古より存在する赤竜の眠る場所でした。しかしアリアンの父であるはずの赤竜は、娘を前にしても眠るばかり…ゲス参謀の策はどこまで通じるのか?

アリアンの父親である赤竜が登場します。非常に強大な力を持った存在のはずですが、真一の手にかかると、情けないおっさん扱い。アリアンを前にしても、目覚めないのではなく、たぬき寝入りをしていると看破します。理由は、アリアンが生まれるようなことをしているにも関わらず、父親としてなにもしていないから…そんな事情にまで気がついた真一がとったのは、アリアンの首筋の鱗を舐めること…イメージ的には、父親の前でSEXを始めたようなものだそうで、さすがの赤竜もたぬき寝入りを諦めます。なんというか、かわいそうな父親ですね。その赤竜から、女神に関する情報を聞き出した一行は、女神との最終決戦に挑みます。

というのが、ストーリーの流れですが、赤竜から得られる情報が多すぎ、ダレてしまいます。もう少しテンポがいいとまだ読めますが、あまりにも平坦に情報が提示されるので、飽きてしまいます。後半は、真一のゲス参謀爆裂しており、非常に面白い流れになっていたので(本音が出すぎているような気もしますが)残念です。

相変わらずリノの年齢がよくわかりません。まあ今回は、アリアンがメインヒロインの座を占めており、リノが割り込む隙間がなかったのですが…

今回で、本編としては終了のようです。あと1巻(すでに発売されています)後日談などが公開されるとのこと。メインヒロイン争いにも決着をつけるそうなので、楽しみな反面、読者の想像に任せて欲しかったなという気持ちもあります。読了後の感想は、どうなるでしょうね。
posted by あにあむ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185584922

この記事へのトラックバック