2019年02月20日

青春敗者ぼっち野郎、金髪尻軽ギャルのお気に入りになる


著者:刑部大輔
出版社:スニーカー文庫
青春敗者ぼっち野郎、金髪尻軽ギャルのお気に入りになる

高2ぼっちの主人公・一条純。昼休みに教科書ばかり開いているうちに、成績だけは上がる一方。そんなある日、クラスの陽キャラ・美少女である、橘かれんが勉強を教えて欲しいといいだす「にしし、童貞、この問題おせーて?」彼女は「気に入った男は食う」と噂されるビッチ? オタク集団からもハブられている純とかれんが二人きりで勉強することに…気がついたら、放課後に一緒に帰ったり、デートしたり、クラスの陽キャラ集団からは「付き合っている」とまで言われはじめ…「いろんな噂流れてるらしいけど、あたしキミがいちばん仲良い男の子だよ?」「ふつーにカッコいいし」「そういうとこ、ちょー好き。好き過ぎ」「・・・・・・こんなの見られたら、ラブラブだって思われちゃうかもね」

積極的にアプローチしてくる橘かれんと、ぼっち気質な純によるラブコメです。内容的には、二人のイチャラブなんですが、なぜだろう素直に転げ回ることが出来ない内容でした。かれんがビッチという噂の割には、純情だったというのがありがちなんですが、そもそもなぜかれんがビッチといわれていたのか、よくわかりません。普通に積極的な女の子というだけのような気がします。(可愛いという自覚はある模様)またサブキャラたちの存在価値がよくわからない。特に引きこもりの妹。どうやらブラコンのようですが、物語を動かす影響力なし。他のクラスメイトたちもそう。もしかしたら、これから先なにか影響力を与えていくのかもしれませんが、2巻を読む気にはなれなかったなあ。

★☆
posted by あにあむ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185584585

この記事へのトラックバック