2019年02月04日

キマジメ大魔王の清く正しい学園生活


著者:佐藤了
出版社:ダッシュエックス文庫
キマジメ大魔王の清く正しい学園生活

主人公は、きっちり七三に分けられた髪にきらりと光る眼鏡な魔王・悠真。好きな言葉は「誠心誠意」、座右の銘は「一日一善」という、学園一真面目な生徒。彼と同じ日に転校(転入)してきたのは、血気盛んな勇者・リザ。初日に、悠真に決闘を挑んで返り討ちに遭い、周囲を顧みない言動にクラスで浮いた存在に。そんなリザに救いの手を差し伸べたのは、悠真…大魔王に同情された勇者の行く末は…

『世界の危機はめくるめく!』の作者ですね。なので、魔王や勇者が持っている能力は、どこか冗談みたいなものだと思っていたら、まさしくその通りでした。勇者のほうが、うっとしいのは、少し前の流行ですね。もともと勇者は、正義感を大上段に構えて行動するので、うっとしいのは事実だと思いますが、日本では某RPGで、勇者一行様は一般家庭のタンスを勝手に開けたりということを繰り返していたから、余計魔王のほうが「まとも」と思われるようになったんでしょうね。

それはともかく、一見一般人に見える悠真も、それまで魔王として育てられていたため、一部常識(というか感情)が欠如しています。それは「恋愛」に関するもの。普通なら、一番そういったことに興味を持つ年代のはずなのに、まったく無反応。クラスメイトの下着姿を見ても、特に驚かない。「女の子の裸に興味があるか」と聞かれたら、どちらかというと、その健康度やなどが気になるだけの模様。一方勇者は、知識として「恋愛」は持っているものの「ピンチの時に颯爽と助けてくれる王子様」を理想とする、夢見がちな少女のまま。でも、彼女の理想をつきつめていくと、魔王がドンピシャの人だったりして…最初は反発していたリザですが、悠真の勇気と優しさに少しずつ心を開いていきます。そこに立ちはだかるのは、唐変木悠真…だけでなくクラスメイト2名。中立的立場のサクラと合わせ、悠真対策会議を開いて、どうやって振り向かせるか恋バナに興じます。

メインヒロインではないのですが、サクラが雰囲気を作っていますね。リザたちだけだと、かなり殺伐としたヒロインになり、そこに唐変木と、話が進まない未来しか見えません。そこにサクラが入ることにより、うまく物語が転がっています。他のクラスメイトたちは、その存在価値がいまいちわからないのですが、これから先物語に絡んでくるのでしょうか? 解決していない問題が山積みなままなので、もう少し続いていくのでしょうね。
★★★
posted by あにあむ at 14:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫
この記事へのコメント
お世話になっております。貴ブログに相互リンクいただいている「お亀納豆のラノベとニチアサまっしぐら」管理人のお亀納豆と申します。相談したいことがあり、コメントさせていただきました。

私のブログや貴ブログが記事が下記サイトに転載されているようなのですが、ご存知でしょうか。アフィリエイトのコードまでコピられているので対策した方が良いかと思っているのですが……。

https://book.antenna-portal-site.com/
Posted by お亀納豆 at 2019年02月09日 20:57
お世話になっております。
ご連絡ありがとうござす。先ほど確認してみましたが、サイトそのものにうまく接続できない状況でした。ただ転載を許可したこともありませんし、サイトからの連絡もありませんでした。
Posted by あにあむ at 2019年02月20日 13:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185502262

この記事へのトラックバック