2019年01月28日

りゅうおうのおしごと!(9)


著者:白鳥士郎
出版社:GA文庫
りゅうおうのおしごと!(9)

今回は、夜叉神天衣がメインヒロイン。わずか十歳にしてタイトル挑戦を決めた、シンデレラ。両親の墓前で「お父さま、お母さま。必ず女王のタイトルを手に入れます…私たちの夢を」と誓いを立てます。でも、相手は史上最強の女性棋士にして、師匠の姉弟子−空銀子。彼女たちが争うのは、タイトルなのか、それとも…? 浪速の白雪姫・銀子と神戸のシンデレラ・天衣が激突する。

今回のテーマは「家族愛」。今まで、あいに比べて、大人に描かれてきた天衣。そんな強い彼女の本当の姿が描かれています。なぜ彼女は、一人で将棋を指すのか? なぜ彼女は強気なのか? 今まで「生意気な女の子」として描かれていた彼女が、本当は10歳の女の子なんだという事実を、これでもかと出してきています。

あいは、師匠・八一に依存することで、強くなってきています。八一もあいを溺愛し、将棋を教え込んでいます。でも天衣に対して八一が直接指導することはありません。天衣自身もそれを望んでいないようですが、なぜ八一は指導しないのか?いままで隠されていた事実が明かされていきます。

将棋の戦法については、詳しくないので、理解していません。それが「異常なこと」といわれても、さっぱりわからない。でも師匠と弟子の関係、それは十分に理解することができるエピソードになっています。

ロリコン竜王とか、いろいろ言われている八一ですが(内弟子二人が10歳の少女で、JS研の面倒を見ていたり、シャルちゃんに「ちちょーのおよめさんになる」と抱きつかれたり、そりゃそう言われて当然なんですが、そんな八一の「師匠の顔」が描かれています。どんどん八一が格好よくなってきていますね。最初は「運で竜王になった」だけ(それでもすごいのでしょうが)のクズ人間と思っていたのですが、年齢を考えると、恐ろしく思慮深い青年(少年)だということがわかってきました。こんな師匠についていける二人は、幸せなのかもしれません。今回は、コメディ色が消えています。純粋に熱い回でした。

★★★★
posted by あにあむ at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185451342

この記事へのトラックバック