2018年11月22日

KB部


著者:新木伸
出版社:MF文庫
KB部

同作者の作品を読んだことがあると、途中まで「あれ?」と混乱すること必至。登場人物は、別レーベルの「GJ部」とまったく同じです。まあ「GEφグッドイーター」も「GJ部」メンバーのアバターだった訳ですが…

ということで主人公は、キョロこと京夜。ヒロインズは合法ロリな部長、天使な恵ちゃん、ワイルドな綺羅々、クールビューティな紫音さん…それにタマイキ・たまちゃんといつものメンバーです。彼らはGJ部ではなく、KB部のメンバー。KB部の活動は、6割がお茶とお菓子を楽しみ、残り4割は「軽文学の執筆活動」。ラノベを読むのではなく。自ら執筆するというのが、このクラブのしきたり。部長は、バトルものが大好き(ちゅーには弱い)、恵ちゃんは悪役令嬢ジャンル、牧歌的な絵本を書くのが綺羅々、そして紫音さんは18禁な作品を書く… そんなのどかな部活を4コマ小説に仕立てたのがこの作品。

「GJ部」「GEφグッドイーター」は、KB部の活動のなかで、京夜が創作した物語。キャラクターを作るのが苦手なため、現実世界のキャラをそのまま利用しているため、3つの世界は、複雑に絡み合った状態になっています。この方式だと、いくらでも世界を追加できますね。実はKB部のメンバーも、さらに別の世界の京夜が作り出した世界だとか…

若干突っ込みたくなる設定もありますが、このシリーズ群は、そんなことを抜きにして、ぼーっと楽しむのが吉なんでしょうね。レーベルが変わってもイラストが変わっていないので、安心して楽しめます。これでイラストレーターが変わっていたら、さらに混乱していたでしょうね。

次巻発売も決定していますが、このシリーズ群の欠点は「感想が書きにくい」ということです。日常系として完成していますからねえ。

★★★
posted by あにあむ at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185023023

この記事へのトラックバック