2018年11月20日

ゴスロリ卓球


著者:蒼山サグ
出版社:電撃文庫
ゴスロリ卓球

闇卓球が舞台…ってなんじゃそりゃ? ゴスロリ服を纏った少女たちが主役の闇のマネーゲーム。それが闇卓球…もっとわからなくなった。要は、卓球の勝敗にバカラ賭博のような金額を賭けるという、賭博ですね。主人公・坂井修の幼なじみ・斎木羽麗は卓球部のエースだったが、ある日失踪してしまいます。父親の抱える8000万もの借金を返済するため、闇卓球の選手として戦うためです。それを知った修は、羽麗を借金地獄から救うため、共に生命を賭けたギャンブルに挑んでいきます。

今までの作品(前作除く)と大きく毛色が変わった作品になっています。一応「少女+α」という構成は同じですが、まず年齢が高くなっています。いや主人公は高校生なので、従来作品と同じですが、今回は小学生は登場していません。今までは日常が描かれており(一部誇張などはありますが)想像ができる世界での物語でしたが、今回は闇社会が舞台となっています。

うーむ、今までの作品のような楽しさがまったくありませんねえ。ヒロインも魅力ないし、闇卓球という設定も中途半端すぎます。いろいろ御託並べていますが、結局は「博打」という点で目新しさがありません。大昔からこの手の賭博は存在しており、搾取する側とされる側の悲哀も、いろんな作品で描かれてきています。

この作品が弱いのは、闇世界の描き方が中途半端なこと。現在日本で、ここまであからさまな賭博を実施するのであれば、もっとセキュリティは厳しいでしょう。そういった部分が気になって、物語に没入できませんでした。ヒロインの言動も、らしさがなかったですね。このシリーズはパスかなあ。
★★☆
posted by あにあむ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185012358

この記事へのトラックバック