2018年11月14日

暗黒ハローワーク!


著者:久慈マサムネ
出版社:スニーカー文庫
暗黒ハローワーク! 俺と聖母とバカとロリは勇者の職にありつきたい

まず最初に地雷でした…

主人公は日暮英治。勇者学校の学生で、異世界就職活動を続けている。彼だけでも十分に鬼畜あほなのだが、そこに過剰な博愛主義で敵を攻撃しない聖母、魔法制御が出来ない魔法使い、ダッチワイフ用アンドロイドと併せて、学校再開四天王と呼ばれている。

物語世界では、勇者は「おかしな人の集まり」と思われているようで、もともと異端児の集まり。さらにその世界でも異端児となる四天王ということで、やることが無茶苦茶です。異世界に就職することが目的で、そのリクルート方法は、各世界が合説をするというもの。最近の就活と流れは一緒ですね。インターンがあるのもほぼ一緒。世界によって、ブラックやホワイトがあるのも一緒で、英治たちはなぜか「一番人気」の世界にインターンにいけることになります。もちろんそこには裏があるのですが、英治たちの鬼畜さは、ブラックな異世界すら凌駕するものがあり、気がついたらトップに上り詰めていました…

という流れなんですが、話の展開が早すぎる。必要な要素をすべてそぎ落としてしまっており、かつ四天王という設定もまったく役立たず。前半は、ヒロインたちに振り回される英治という流れなんですが、前触れもなく英治が主役に。そうなるとヒロインたちは存在感がまったくなくなっています。

知らなかったのですが、この作者さんの作品は「エロ」がデフォルトだったようです。もしかしたら、エロなしにしようとして、失敗した作品なのかな? エロを除外しようとしすぎて、肝心のストーリーも端折ってしまったとか?

タグ: 地雷
posted by あにあむ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184933986

この記事へのトラックバック