2018年11月13日

放課後は、異世界喫茶でコーヒーを(3)


著者:風見鶏
出版社:ファンタジア文庫
放課後は、異世界喫茶でコーヒーを(3)

異世界でただひとつのコーヒーが飲める場所。現代から転生してきた元高校生・ユウが切り盛りする喫茶店。そんな喫茶店がある迷宮街に歌姫が2人もやってくる。半年以上前であるにも関わらず、街は観光客でごった返しお祭り騒ぎに。もともと常連しかおらず、静かだったユウの店も、新規客が増えてんてこ舞い。そんな折り、学院で爆発事故があり、学院寮が立ち入り禁止となり、リナリアが宿を探して来店。貴族が通う学院の生徒ということで、手頃な宿屋は、問題が起きることを嫌がり、泊めてくれない。それを聞いてユウは「うちに泊まったら? 部屋、空いているけど」と深く考えず提案。リナリアは「なっ、なななっなにを…変なことしないわよね?」と焦りますが、背に腹は代えられず、結局店に泊まることに。ユウは「数日」と思っていたのですが、ちょうど夏休みが始まったところで、リナリアが滞在するのは夏休みの間中。住み込みアルバイトとなったリナリアと、仕事も食事も寝るときもいつも一緒というドキドキ同居生活が始まります。

今回は、リナリアが住み込みバイトになることから物語が始まります。急激に増加した観光客をさばくため、リナリアが手伝ってくれるのは非常にありがたいことだったのですが、なんせ同世代の異性。しかも意識している相手とあって、いろいろ初々しいときめきがあります。さらにリナリアストーカーお嬢様とメイドも同居することになり、いつの間にかメイド喫茶としても有名になりだします。

観光客が急増したことで、店の売り上げも急上昇。さらにメイド喫茶として有名になってきたことで、新しい客層も開拓できました。そこにメイド喫茶を出す権利を買いたいという商会の社長が訪問したり、以前の静かな店を取り返すため、店ごと買い取るという人が現れたり…商売を大きくすることが、本当に自分のやりたいことなのか?という悩みや、新しいお客さんに来てもらうことと、常連さんの憩いの場となることのどちらがいいことなのか? いろいろ悩み続けるユウ。

この作品には、あまり悪者が出てきません。そしてみなユウの人柄に惹かれて、お店の常連になっていきます。身近にこのようなお店があったらいいですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184928493

この記事へのトラックバック