2018年11月12日

異世界JK町おこし


著者:くさかべかさく
出版社:電撃文庫
異世界JK町おこし 〜このことについて、魔族に依頼してよろしいか伺います〜

名所も名産もなく、冒険者たちがただ通り過ぎていくだけの「二番目の街」タフタ。役所に勤めるハルは、街の財政難に頭を抱えていた。そんなある日、異世界から来たというJK勇者のナツが役所に迷い込みます。ナツのレベルは1。超ザコ勇者のナツの思いつきで、魔王を観光資源としてタフタへ誘致するという案を提出すると、なぜか採用されます。さらに魔王城で彼らの前に現れた魔王は、ナツの友人JKフユだった。

異世界に転生させられた、ナツと愉快な仲間たちによる、常識なにそれおいしいの? という物語になっています。いや、もうあまりの酷さに正直何度読むのやめようと思ったか? 現在のJKという種族が本当にこの物語の通りとは思えないですが、あまりにもバカなので、疲れてしまいます。結局最初から最後まで世間知らずなJKが、適当に好き勝手するだけのストーリーでした。たぶん作者は「柔軟な発想で、世界は変わる」と言いたかったのでしょうが、そういったことはまったく届きませんでした。結局は公務員をバカにしただけの作品なのかなあ…

もう少しナツたちがまともだったら、街おこしやラブコメもいい具合に展開したのでしょうが、ヒロインがひどすぎたため、広がりがなくなってしまいました。

タグ:
posted by あにあむ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184922917

この記事へのトラックバック